ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

第45回信州版画展 のようす

CIMG3387.JPG

今、信州版画展の会場となっています松本市美術館は


草間彌生さんの作品が鑑賞できるということで国際化が進み


海外から訪れる人が多いようです。


CIMG3390.JPG

わたしの版画は小学校の時に教わった木版画ですから、あまり説明がいりませんが


版画表現・技法ということになりますと木版・木口木版・銅板・シルクスクリーン・


メゾチント・ステンシル・ウォータレスリトグラフ・ドライポイント・コラージュ・


メディウムはがし刷り・・・  とまだほかにもあります。


CIMG3389.JPG

これはどうやってつくったのですか?


と聞かれたりすると 私の知らないことがたくさんあります。


CIMG3388.JPG

ですから 版画っていうのはおもしろい表現方法なのかもしれません。


海外の方に話しかけられても対応に困りますから


作品を見ていただきたいと思っています。


左から2番目が今回の私の木版画「神曲」です。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Mochizukiが2019年9月20日 18:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第45回信州版画展 はじまる」です。

次のブログ記事は「信州の版画 第7集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ