ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2019年6月アーカイブ

バブちゃん

CIMG3258.JPG


4月からのひかりの学校あづみの本校での書画の時間は


篆刻・ゴム版画・木版画・絵画にわかれて創作が進んでいます。


ひかりの学校の先生たちで目を配りながらの授業です。


ぼくは教えるというよりはいっしょになって作っています。


この版画は板にお人形さんの下書きをしている時点で「怖い」と


子どもたちに言われていました。


工房に持ちかえり続きをやって完成させました。

洗ひ髪

CIMG3256.JPG


明日から雨の予報らしくここ何日かは草を刈ったり畑を耕したりしてました。


・中心の鼻のふくらむ洗ひ髪    朝日新聞信州版入選


この句はアイデアを複合して作った力作でした。


あえて「中心の鼻」といった部分。  中心という言葉もおもしろいかと。


「花ふくらむ」 ではなく 「鼻ふくらむ」。


「洗ひ髪」は夏の季語で、女性が髪を洗っている美しい場面。視点を変え


内側から見て取ったおかしみ。 男性が洗っているとみても・・・。


「 わかるかなぁ  わかんねえだろうなぁ 」    松鶴家千とせ


恐竜の時代もあった

CIMG3257.JPG

夏ですが春のことです。


この句ができた時、恐竜と月の絵がパッと浮かびました。


この時の気持ちよさがまだ残っています。


春の月だから句ができたってところもポイントでした。

ぺこぺこあかまむし

CIMG3251.JPG

俳句をつくっているとよく眠れます。


ずいふうのげんきがでるかれんだあ 6月号


ぺこぺこあかまむし


おなかがすきすぎて、えさにみえてきた。


ぐるぐるとおいかけていると・・・

れんげ草

CIMG3250.JPG


安曇野柏原俳句会 第11号「れんげ草」が発行されました。


A5判 98ページ 1冊600円


表紙絵は会長兼編集長の武田光弘さん


俳句・短歌・エッセイなどを掲載しています。


望月のページ   自選12句 「ぼくのちかみち」


         自選12首 「ましゅまろかくめい」


         エッセイ  「ぼくの俳句のつくりかた」

つゆばれに

CIMG3246.JPG


ちょっとお天気が良くなりましたので、


きのうきょうと畑のまわりの草刈りをしました。


この時期、草はぐんぐんと成長します。


こんな印はどうだろうか

CIMG3238.JPG


作品用にひとつ印をつくろうと材料をえらび


自分の印を新しくつくりました。


どうだろう


CIMG3237.JPG


こいのぼりの版画におすことにしました。


どーか なー


あう  かなー


安曇野文芸賞

CIMG3243.JPG


今日は晴れ間が見え気持ちの良い安曇野です。


「安曇野文芸」 創刊40号記念特別企画 「安曇野文芸賞」の


作品募集しています。


令和元年6月30日〆切です。


きっと今頃追い込みをかけているに違いない。

こかまきり

CIMG3240.JPG


雨の季節、草花や虫たちがいきいきとしています。


CIMG3241.JPG

ことし3作目のえほん作りに入りました。

つちのこ

CIMG3235.JPG


ことしの初夢のはなしにもどります。


なぜかガラスケースの中にひからびた3体のつちのこが


考古学系の陳列物のようにならんでいました。


これは版画にしておかねばと直感、デフォルメしてつくりました(1月)。


CIMG3239.JPG

今日は、暑い一日でした。


こいのぼり

CIMG3232.JPG


梅雨に入り少し寒さを感じる安曇野です。


篆刻にも仕上がるまでの過程があります。


ある方から朱墨で石に逆さ文字を入れてあった途中のものを手渡されました。


画像は最後の彫入れの部分を望月がしているところです。

CIMG3233.JPG


・山頂を尾びれでたたくこいのぼり     朝日新聞信州版 佳作句


版画は安曇野堀金道の駅でみたこいのぼりです。


しっとりとした時間

CIMG3231.JPG


雨がふりました。 梅雨入りでしょうか。


美術館のお庭、そして展示空間もしっとりとした時間がながれました。


CIMG3226.JPG


安曇野に来て個展を重ねるうちに、篆刻を習いたいとの希望があり


勉強会を開いて5年経ちました。


CIMG3227.JPG


会での展示会は今回が初めてです。


今日で3日目、雨でしっとり落ち着きました。


CIMG3230.JPG


俳句のほうも・・・


新聞紙上で見ていただけるものができていたらと思うのですが。

瑞風篆刻会展

瑞風篆刻会展 (1).JPG


草刈りが終わり明日からの瑞風篆刻会の準備です。


あついのでアイスコーヒーにバニラアイスをのせて


コーヒーフロートで一息ついています。


瑞風篆刻会 地図.JPG

篆刻には雨が似合いますので会期中は雨が降るのでは・・・。


農家の方もそろそろ降ってほしい頃かと。

しかの背のぽつぽつ

CIMG3221.JPG


きょうも暑くなりました。


ぼーっとしているところに追い打ちをかけられぼんやりと。


CIMG3223.JPG


背中にぽつぽつをつけないと鹿にみえないということで


ぽつぽつつけメンテナンスです。


おおはくちょう

CIMG3172.JPG


草刈りが3分の2程度終りました。


東京墨田区へ移動し展示がはじまった川上澄夫版画大賞展。 6/5 まで


版画「おおはくちょう」


・おおはくちょう残した水の輪の余韻    朝日新聞信州版 佳作句


安曇野に居ながら作品の発表ができるのはありがたいことです。

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年5月です。

次のアーカイブは2019年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ