ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

すこし時間のかかってしまった篆刻

CIMG2690.JPG


すらりすらりとデザインができるものもあれば


いくら考えても納得のいかないものもあります。


CIMG2691.JPG


この言葉は柳宗悦さんの著書を読んでいていいなあと思って抜き出した言葉です。


うつくしい みにくい といったものを超えたところに本当の美しさがある。


という意味の4字熟語です。

CIMG2693.JPG

デザインを放ってあって2年もたっていました。


2年経っても難題でしたがしぶとく向き合いました。


CIMG2694.JPG

この辺で落ち着きましたが、さて。


CIMG2703.JPG

デザインができてしまえば8割ぐらいはできたようなものです。


あとはいつもの手順にしたがいます。


CIMG2710.JPG

仕上がったものを時間をおいてまた見たりします。


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Mochizukiが2018年9月20日 06:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「篆刻 彫る面をみがく」です。

次のブログ記事は「お面や」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ