ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

今日の篆刻

CIMG2594.JPG


月末はいろいろと予定が重なっている。


一つ二つは忘れても仕方がないと思っている。

CIMG2595.JPG


今日の篆刻は  「暗中明」 


暗い中にも一つの明るさがある という意味だ。


明るい中に一つの暗さがある ということもまたあるけれど


明中暗、とすると希望が見えにくい。


CIMG2599.JPG


「暗」の部分を朱文で、「明」の部分を白文で、


「中」の部分は真ん中に置き左右を彫り分けたデザインにしました。


右から左に読みます。


線は、手の動くのにまかせましたが、


不思議と、亡くなった松岡先生の雰囲気に近づいていました。


CIMG2601.JPG


全体の画面 線の面白さ 朱白のバランス ・・・・


何かこうじっと見たくなるように仕上がっていればと。


7×7センチ   石材


  

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、Mochizukiが2018年7月27日 08:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の遊印」です。

次のブログ記事は「今日の文芸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ