ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2018年6月アーカイブ

今日の篆刻

CIMG2539.JPG


安曇野は30℃を超える暑さがつづいています。


CIMG2540.JPG


安曇野髙橋節郎記念美術館での個展の日が近づいてきました。


水中展示用の版画ですが耐水性を実験するため水につけて5日経ちました。


今のところインクも紙も溶け出さずにいます。


CIMG2543.JPG


版画を障子紙に摺ったあと蝋引きという方法で加工しました。


江戸時代には"びいどろ紙"と呼ばれていたそうです。


たしかに蝋引きした後はガラス質のように紙が透明になりました。


CIMG2544.JPG


どんな展示になるだろうかと想像し篆刻もひとつ完成しました。


今日の版画

CIMG2532.JPG


まさかこのタイミングで仕上がるとは思っていなかった


大作が完成した。


CIMG2533.JPG


1年ほど前に長野県信濃美術館、長野善光寺と見物した後に


版画にしてみようと思い取り掛かっていた仁王像。

CIMG2534.JPG

たて360㎝×よこ180㎝ 阿形と吽形 それぞれ1枚ずつです。


7月の安曇野髙橋節郎美術館での個展「水中版画展」の


もうひとつの目玉となりそうです。


CIMG2535.JPG

どうやって飾ればいいかなぁ。


水に入れた版画が解けて排水溝に詰まらないようにしてください。


と昨日電話が入りました。


もうひとつ問題作をかかえています。

今日の版画

CIMG2521.JPG


しっ なっ の~ の くには~ ♪


と歌い始めると長野県の人のほとんどが歌える県歌があります。


CIMG2522.JPG


県歌が県歌と制定され今年50周年。


CIMG2523.JPG


「信濃の国」は6番まであります。


今年、7番目をつくろうとしたそうですが・・・・


CIMG2524.JPG


つくったらどんな歌詞になったのか?


CIMG2525.JPG


自分でつくってみるのもいいかもしれません。


CIMG2526.JPG

この場合は自分ファーストで良いかと・・・


CIMG2527.JPG

「信濃の国」   木版画     折本仕立て


今日の篆刻

CIMG2510.JPG

今年も半年が過ぎた


CIMG2511.JPG


またいろいろと考える時期だ


CIMG2512.JPG


考えてもあんまり名案は浮かばないので

CIMG2513.JPG


篆刻をして気を紛らわせることにした。


今日の遊印

CIMG2484.JPG


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころ分室 路風舎での


手づくりはんこ屋さんのようす  6/1、2,3

CIMG2477.JPG

あっというまでしたが、たのしいひと時をすごしました。


CIMG2488.JPG


浦安のアトリエmizさん・大阪のteilenさん 


はんこの入れもの製作応援ありがとうございました。


CIMG2479.JPG


そのほかにも うつわ・絵画・ミニ額・・・ たちにかこまれて。


CIMG2493.JPG

路風舎のちいさなお庭はみどりがあふれていました。

CIMG2487.JPG


日々のお庭の変化もたのしみのひとつ。


CIMG2500.JPG

安曇野での注文印彫りも順調にすすみ。。


CIMG2499.JPG


そろそろお手元に届く頃かと思います。

CIMG2502.JPG


安曇野もじわりと梅雨入りの模様


CIMG2501.JPG

ぼくの住んでいる町で版画展開催中です。


CIMG2497.JPG

10人の作品が会場をうめつくしています。


版画製作体験コーナーもございます。


CIMG2496.JPG


6/10 までです。


CIMG2504.JPG

どうぞお運びください!(^-^)!


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ