ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2017年9月アーカイブ

何をしても一人

CIMG1428.JPG

・弧を描く木片の月秋の風


CIMG1429.JPG

・木片が重なり集う部屋の隅


CIMG1430.JPG

・削っても削っても木がある


CIMG1431.JPG

・裸足であるく秋の部屋


CIMG1432.JPG

・秋晴れ外はきっと気持ちがいいだろう


CIMG1433.JPG

・小学校の図工で使った彫刻刀をこんなに使っているのは僕だけかもしれない

CIMG1426.JPG

昨日夕方から雨が降り出しました。


CIMG1420.JPG

今月のたのしみにしていた句会は欠席する


5・7・5 5・7・5  季語 季語 にとらわれていたら


句が出なくなった


そのせいではないけれど


CIMG1422.JPG


・いただいた額に版画を入れる


・古い額のねじの頭がつぶれた


・はずしたねじがズボンのすその折り目に入る


・また戻ってくる作品を展示にいく


・版木が反ってしまっている

                      
                  9/27 自由律で5句

CIMG1427.JPG


・裏の畑にも秋が来ている


                9/28

今日の版画

CIMG1413.JPG

だんだんと秋の様子にも慣れてきました。


CIMG1414.JPG

ほうってあった大きな版をとりだして・・・


再開することにしました。


CIMG1415.JPG

彫っても彫ってもまだまだです。


今日の版画

CIMG1407.JPG

風のいろにも透明感が増してきました。


そんな風に吹かれて・・・


CIMG1408.JPG

虫の声やカエルの声鳥の声が聞こえてきます。


CIMG1409.JPG

すずしさも中くらいなりおらが秋


どこかで聞いたような・・・


CIMG1410.JPG

来年のかれんだーの問い合わせもうそんな季節となりました


CIMG1411.JPG

安曇野は4季よりおおい12季あるとどこかに書いてあったなあ


今日の篆刻

CIMG1400.JPG

お彼岸に入りました。


いつもふしぎに思うのは、彼岸花がちょうどこの時期に咲くことです。


CIMG1401.JPG

あの燃えているような朱の線が、なんとも魅惑的です。


CIMG1402.JPG

朱の線を何度も追い、彫りすすめます。


CIMG1406.JPG


完成


今日の篆刻

CIMG1398.JPG

すっかりすずしくなってきました。


からだも慣れてきたような気がします。


CIMG1399.JPG

篆刻  『煙雲供養』


CIMG1394.JPG

この時期にぴったりのことばのような


CIMG1405.JPG


どこかへ出かけたくなるような


そんな気持ちにもなります。


CIMG1396.JPG


CIMG1377.JPG

おとうとくんの運動会が無事に終わりました。


CIMG1378.JPG

先週からお直し印の制作


1度印面を削ってから しんちょうに少しずつ削っていきます。


押してまた気になるところを削り・・・


これをくりかえします。


CIMG1379.JPG

ひとまず ここまで。


CIMG1380.JPG

歩いてた虹のトンネル鳥の群れ


初句会では点数が入らなかった。


CIMG1381.JPG

朝 外に出たら虹が堂々と弧をえがいていた。


如雨露からちょっとした虹とびだした


投句した中でこの句だけ票が入った。


CIMG1382.JPG


俳句は瞬間を切り取るものだと


お兄ちゃんにおそわった。


CIMG1383.JPG


安曇野を台風はぬけたようだ。


お兄ちゃんのサッカーは2時間遅れではじまる。


CIMG1385.JPG

俳句も篆刻も版画も


自分の感覚によってすすめている。


CIMG1386.JPG

なにか自分の中に残っている記憶・・・


が作っているような気もする。


CIMG1387.JPG

ここでひとまず手をとめます。


CIMG1388.JPG

しばらくながめます。   


『美意延年』


CIMG1390.JPG

ちょっとした虹を


アパートから出てながめました。

今日の版画

CIMG1372.JPG

安曇野はまた暑さが戻ってきました。


草刈りして・・・

CIMG1373.JPG

途中まで進めていた版画を彫り


摺ってみます


CIMG1375.JPG

できあがり!


そして


耕運機で畑を耕し今日は終了です。

今日のぼく

CIMG1367.JPG

今日は雨が少しばかり降っている


中村草田男の碑があった


蜻蛉ゆくうしろ姿の大きさよ


CIMG1360.JPG

午後から

お兄ちゃんの授業参観がある

美術で自画像を描いているとのこと

この遊印は2000年につくったぼくの自画像印です


CIMG1361.JPG

高3のぼく


CIMG1363.JPG

40才のぼく


CIMG1366.JPG


41才のぼく

CIMG1364.JPG


42才のぼく


CIMG1362.JPG


今日のぼく


CIMG1369.JPG

みんなどんな自画像を描いているのか


授業参観にいってみよう


版画をすすめる

CIMG1341.JPG

印材づくりもちょっと一呼吸


印材づくりの合間に


ひらめいた絵を版画にしたりもします。


CIMG1321.JPG

こちらは公募展で選外になってしまった


版画絵本 『くろいながぐつ』


の はじめとおわりを額に入れてかざってみました。


なかなかいいと思うんだけどなと思うのは自分だけのことも多いのです。

CIMG1320.JPG


元気が出るかれんだー 9月号


ここで1首


ひきこもりきぎにむかいしひびおくりなんやかんやとうかびはきえる


木の印材みがき

CIMG1350.JPG

印材のしたづくり


一本 一本


みがいていきます


CIMG1348.JPG

鬼ぐるみを割り


中の実をつぶし


きれでくるんで


みがきます

CIMG1352.JPG


みがいたあとの材料です


ひたすら みがきます


CIMG1356.JPG


このくらい できました


安曇野の秋の風にあたってきもちよさそうです

木の印材づくり

CIMG1334.JPG

もうカラカラに乾燥している


途中まで仕上げた印材を


引っ張り出しました。


CIMG1335.JPG

つげの木


ここまで仕上げてから


もう10年ほどたつでしょうか


CIMG1336.JPG

りんごの木


こちらは2~3年


CIMG1338.JPG

りんごの木


こちらは10年以上


CIMG1340.JPG


真柏の木


こちら8年ぐらいでしょうか


CIMG1339.JPG

つつじの木


こちらは今年の春


CIMG1342.JPG

ここからまた紙やすりで


一本一本 磨いていきます


CIMG1343.JPG

こつこつ

CIMG1344.JPG


こつこつ


CIMG1345.JPG

つづきは また明日


篆刻をすすめる

CIMG1328.JPG

ほんとうにすっかり秋らしくなってきました。


篆刻をすすめながら 秋の予定をあれこれと


CIMG1322.JPG

印稿ができたものを


印材にうつします。


CIMG1329.JPG


彫上げ


CIMG1330.JPG

昨年とりかかっていた篆刻


が気にかかり・・・


CIMG1324.JPG

途中でどうしても先に進まない場合は


保留しておくこともあります。


CIMG1327.JPG

こちらの 『日月有明』 は


1年ほったらかしてありました。


CIMG1326.JPG

こうして もどりながら進んでいると


進んでいるのやら


後退しているのやら


いずれにしても こうしてかたちになりました。

9月に入りました。

CIMG1312.JPG

2学期が始まり1週間がたちました。


安曇野は秋の気配が漂っています。


CIMG1313.JPG

ひかりの学校も


ニューフェイスが加わって・・・


また楽しいことをやりましょう。


CIMG1314.JPG

それぞれのペースで


秋もスタートです。


CIMG1315.JPG

篆刻をすすめながら・・・


先週は初句会へ参加


俳句・短歌 投句に選句

CIMG1316.JPG

若葉マークをつけて


蛇行・迷走のはじまり、はじまり


まわりの皆さん気をつけてください。


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

次のアーカイブは2017年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ