ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2017年6月アーカイブ

るなーるのちいさなたび

CIMG1096.JPG

アツムイーノにすむ るなーる


きょうは おでかけです。


どこへ いくのでしょうか?


CIMG1097.JPG

さーびすえりあに つきました。


ちょっと きゅうけいですね。


CIMG1098.JPG

かわを ながめていると・・・


なんでしょう?


かめが ぷかぷかと ういていました。


CIMG1099.JPG

すこしあるくと


おはなが いっぱいの とおりにでました。


このさきを ずんずん いってみましょう。

CIMG1084.JPG

まず 色の版を摺ります。


CIMG1086.JPG

線彫りした版です。


CIMG1087.JPG

つぎに線彫りした版を摺ります。


CIMG1088.JPG


こんな感じで


木版画絵本『きつねのルナール』


再開しました。

CIMG1049.JPG

穂高学習センターみらい 展示ギャラリーにて


ひかりの学校展があります。


CIMG1051.JPG

この一年間でつくったもの・・・


さて


CIMG1054.JPG

「なっつあん」


本名 青山夏樹


安曇野市内に通う小学校4年生


はずかしがり屋でおしゃれ好き


好きな食べ物は、ジュースとおかし


将来の夢は、パン屋さん


CIMG1055.JPG

「へびのしわざ」


ギョエー


CIMG1056.JPG

「カラスの仮面」  試作


CIMG1057.JPG

CIMG1058.JPG

CIMG1059.JPG

CIMG1060.JPG


以上 講師の作品より


つづく・・・


のかな?

今日の篆刻

CIMG1014.JPG

篆刻(てんこく)とは、


主に、石や木に篆書という書体を印刻することを言います。


CIMG1017.JPG

印刻したい文を決め一文字づつ篆書を調べます。


次に、その篆書をもとに印の大きさに合わせて


えんぴつ書きで仕上がりイメージを作っていきます。


そのあと、黒い厚紙に仕上がりのイメージを朱墨で入れます。


CIMG1018.JPG

印面を平らにした部分を墨で塗り


反転した文字を朱墨で入れていきます。


CIMG1021.JPG

印刀で黒い部分を削っていきます。


残った部分が、印としてうつります。


CIMG1022.JPG

左側面に、印刻した日と印刻した人の名前を入れたりします。


CIMG1024.JPG

印を押し、印に刻んだ文と日付と名前を書いて完成です。


CIMG1025.JPG

押した印は、印影や印譜と呼ばれたりします。


できあがりの印影を見て、どう感じるかが鑑賞のポイントです。


ゲタ印づくり

CIMG1029.JPG

ゲタ印とは、一つの材に印を2つ作り


一度に2つの印が同時に押せる印のことを言います。


できあがりが下駄のようになることからゲタ印と呼ばれています。


CIMG1030.JPG

印面12㍉×24㍉の仕上げてあった黒檀材を使うことにしました。


できあがりは、10㍉×10㍉の印が2つ並びます。


CIMG1031.JPG

えんぴつで大きさを取ります。


CIMG1034.JPG

ベルトサンダに当て均等に力を入れて


側面の余計な部分を削り落とします。


CIMG1035.JPG

鉛筆で入れる文字を反対に描きます。


2つの印の間に2ミリくらいのすき間ができます。


CIMG1036.JPG

一文字目を削ります。


CIMG1037.JPG

2文字目を削ります。


CIMG1040.JPG


完成です。


CIMG1015.JPG

ぼくが童謡・唱歌を発表しています


安曇野文芸がこのたび


松本芸術文化協会より


地域文化賞をいただきました。


CIMG1016.JPG


会員レセプションの日取りと場所が決まり


ただいま、それに向けての準備中。


CIMG1019.JPG


作曲田中久美先生の童謡唱歌ピアノ演奏も!


と予定していましたが・・・


ぼくも先生も、レセプション当日予定があり


また次の機会にということに。


CIMG1023.JPG


当日、お手伝いできない代わりにできることを・・・


ご用命いただきまして。


CIMG1020.JPG


記念篆刻   6×6cm


CIMG1026.JPG


溢るるものこそすべてである   島崎藤村    2×2センチ


運営委員のみなさん よろしくおねがいします。


今日の版画

CIMG1009.JPG

世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞわれハまされる  良寛


CIMG1005.JPG


CIMG1006.JPG

田舎の小さな新聞をすぐに読んでしまった   放哉


CIMG1008.JPG


CIMG1007.JPG

まっ黒に染まりし心はがき板   瑞風


CIMG1010.JPG

鏡の、やうな、澄んだ、心で、私も、ありたい、ものです、な。  中原中也

夏がすぐそこ

CIMG0984.JPG

はたけにまいた


くろまめ そば ひまわりのたねが


芽を出しました。


CIMG0985.JPG


またふつふつと


創作の意欲が湧いてきて・・・


CIMG0987.JPG


版画三昧


CIMG0988.JPG


1日目、2日目ぐらいは


からだをつくります。


CIMG0989.JPG


手に まめ


うで 筋肉痛


CIMG0992.JPG


ぼくの作品づくりは


瞬発力というかなんというか


気で彫るというか・・・

CIMG0993.JPG


そのあとは


カラダへとへと

CIMG0995.JPG


夜は

ぐっすりってことに


なるのです。


7月の安曇野個展にむけて


スタートしました。


2日間のはんこ屋さん

CIMG0965.JPG

いつものバス停


安曇野スイス村にて高速バスにのります。


CIMG0969.JPG


向かうはいつもの


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさん


CIMG0973.JPG


タイムスリップ

したように浦安に到着


境川にて ビワの実


CIMG0974.JPG


境川にて ぷかぷかうかぶカメ


CIMG0975.JPG


路風舎入り口にて ゆり


CIMG0976.JPG


路風舎庭にて どくだみ


CIMG0977.JPG


路風舎庭にて  いちご


CIMG0978.JPG


路風舎庭にて  あじさい


※ ここでデジカメ電池切れにて はんこ屋さんの様子はご想像におまかせいたします。


  ご好評につき次回8月にまたよろしくおねがいします。


CIMG0980.JPG


はんこ屋さんと同時開催の

アナンダ工房 "モスリンの手仕事展"は

6月12日(月)までです。


CIMG0953.JPG


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころ 分室 路風舎にて


ことし2回目の はんこ屋さんを開きます。


CIMG0954.JPG


もういちど印材をみがきなおし行商セットとリュックサックへ


詰め込みます。


CIMG0955.JPG


印材も充実してきました。


CIMG0909.JPG


印譜・版画・カード・手作り本・手ぬぐい・かるた・など・・・も


見ていただけます。


ギャラリーどんぐりころころさんでは・・・


インド西ベンガルに工房をもつ


アナンダ工房 西岡さんの  


"モスリンの手仕事展" 6/6~6/12


染め 織り、刺繍、オリジナル服の展示があります。


ご来場おまちしています。

詳しくは、浦安の小さなギャラリーどんぐりころころ ホームページにて

CIMG0951.JPG

ことしも信州田んぼギャラリーがはじまりました。


CIMG0959.JPG

ことしのぼくの版画ポスターです。

CIMG0958.JPG

エントリーナンバー 27


CIMG0957.JPG


ズラリ


CIMG0963.JPG


ズラリ


CIMG0960.JPG


ズラリ


CIMG0952.JPG


こちらまで どうぞ


CIMG0964.JPG


元気くんかれんだー 6月号

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ