ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2017年3月アーカイブ

CIMG0663.JPG


ひさしぶりの手製本に、手順をわすれ・・・


すこし時間がかかってしまった。


CIMG0664.JPG

さくねんの夏ごろ


汗をかきながら版画をつくった


記憶がよみがえってきた。


CIMG0662.JPG


ねらっていた絵本公募展に間に合ったと思ったら


原画サイズを間違えていて


出せなかった。


CIMG0661.JPG


急きょ 別の絵本コンクールに出したところ


選外になり 先日返却となった次第。


CIMG0665.JPG


ひとりで あそぶ

絵本づくりの続き

CIMG0650.JPG


きょうは、西陽のきつい日だった。

木版絵本 『どんぐりのはやし』 の摺りができ

いよいよ製本に向かおうと準備。


CIMG0651.JPG


準備していたら

選外になってしまった 木版画絵本 『小さなさかな』 が

着払いでとどいた。

急きょ、こちらの製本に変更した。


卒業

CIMG0646.JPG


この季節は何とも言えない気持ちでいる人がたくさんいると思う。


工房のかたつけやら なにやらしていたら


中学卒業記念文集がみつかった。


CIMG0647.JPG


中身のうすい内容。


これは選外だ。


CIMG0648.JPG


さきゆきはどうだろうか?


今日の版画

CIMG0645.JPG

                          ぐる

CIMG0643.JPG

                          ぐる

CIMG0644.JPG

                          ぐる

CIMG0642.JPG

                          ぐる

CIMG0632.JPG

きょうは朝から、安曇野文芸の表紙のような天気だ。


そして、ペラペラとページをめくり


会員のみなさんの投稿した作品をよむ。


CIMG0633.JPG

知らない人が、いっぱいいる。


この会のいいところは、会員になると


だれでも作品掲載が、できるというところだ。 


CIMG0634.JPG


『溢るるものこそすべてである』


という会の標語があるけれど、


ほんとうにあふれてしまうと、ちょっと問題があるようだ。


CIMG0636.JPG


とくに若い方はかんげいされる。


どこかできいた童話のようですけれど。


もちろん太った方もよろしいかと。


CIMG0638.JPG


文をよみ クスリとわらい 灰いろの 春はまだかと ページをめくる


安曇野文芸35号の配本

CIMG0632.JPG

きょうは、安曇野文芸の配本日だ。


いつのまにやらぼくも運営委員にくわわって


こんにちを むかえている。

CIMG0633.JPG

ぼくがくわわったことで良かったことは


平均年齢を下げたことだ。


作品の内容は,2の次といえる。

CIMG0634.JPG

もちづき君の詩は、いいとして


曲が聴きたいと


運営委員のみなさんから


今回も声が上がった。


CIMG0636.JPG


楽譜を見ても ちんぷんかんぷん


だし


うたえといってもうたえない。


CIMG0638.JPG


音楽はすきだけれども


妹の結婚式で、弾き語りをやり


そのあとビデオを見たら


あまりのヒドサに、


それからそういうことはやめた。


絵や字は、へたでもほめられるところが気に入っている。


CIMG0625.JPG

安曇野には2つの大きなガラス工房がある


ひとつは 『あづみ野ガラス工房』


もうひとつは 『アートヒルズ』


CIMG0627.JPG


両工房とも30年ほどの歴史を持つ。


お互いの持ち味が脈々と引き継がれ


現在に至る。

CIMG0628.JPG


20~40代


バリバリの仕事盛りだ。


CIMG0629.JPG


以上の画像はアートヒルズ工房内


気になりうろうろしていたら


体験のお客さんがぞろぞろ入ってきて


押し出されるように、工房を後にした。


CIMG0630.JPG


ことしも 宗徳寺さんを舞台に


4年目4回目の企画をした。


CIMG0631.JPG


みなさんどうぞよろしくおねがいします。


いざ

CIMG0613.JPG


2年連続


選外となった


公募展の会場に足を運んだ。


CIMG0617.JPG


会場には


ぼくひとりだけで・・・


CIMG0616.JPG


3人ぐらい係りの人に


声をかけられたけれど


ぼくは選外で・・・と話したら、


それ以上会話は はずまなかった。


CIMG0620.JPG


1時間ほど滞在後


とんぼがえりで家路につく。


発表会と終業式

CIMG0608.JPG

ひかりの学校も終業式


そして 発表会


CIMG0609.JPG

こどもたちの発表がつづく


CIMG0610.JPG

ぼくが担当した


書画の発表は なかったけれど


CIMG0611.JPG

場所をかえて


7月にするようだ

つぎつぎと・・・

CIMG0601.JPG


今月に入り

また

つぎつぎと・・・


CIMG0602.JPG


選外通知が

とどく


CIMG0603.JPG


版画 6点

絵本 1点

童話 1点

すべて 選外 (今年1~3月)


CIMG0604.JPG


おちこんでいる

ひまがないのが

すくいだ

きりん

CIMG0599.JPG


今日は、ひかりの学校で


久しぶりに書をやろうと用意をしていった。


CIMG0600.JPG


どうも その気にならないらしく・・・


絵を描くことになった。


CIMG0599.JPG

なんだか みんなのまわりを


ぐるぐるまわったり


大声を出している子もいた。


CIMG0600.JPG

ぼくは、頭をひねり


こんな絵を描いて


みんなに自慢した。


雪がふりました

CIMG0598.JPG

今日は、午後から雪が降った。


梅や桜の木のつぼみは、もう春を待っている。


CIMG0596.JPG


やらなければいけないことのまえに


やりたいことをした。


CIMG0593.JPG

やりたいことも


やらなければならないとなると


やりたくなくなるから


めんどうだ


CIMG0594.JPG

だからもう


そう考えがおよばぬまえに


とりかかるのが


けんめいだ。


CIMG0595.JPG

だから


そとからは


瞬間瞬間の


仕事ぶりにみえるかもしれない。


たしざん ひきざん

CIMG0585.JPG

もちづきくんの仕事は足し算だから


たいへんだね。


ちなみに引き算もついてくる。


CIMG0584.JPG 


宗徳寺さんからあずかった


古い版木は明治時代のモノだった。


CIMG0583.JPG


明治 大正 昭和 平成 そして・・


時代を経て


みごと 息を吹き返した。


CIMG0582.JPG


足し算と引き算の末に

遊印かれんだーと・・・

CIMG0587.JPG


かれんだーも3月。


言葉や絵


作った瞬間にわすれているようで・・・


めくっては なるほどなと


また 思いだす。


最近、おにいちゃんから


パパみたいに瞬間瞬間に生きるやりかたは


つかれるからやめたほうがいいと言われた。


CIMG0572.JPG

どんぐりさんでの個展


お店を開ける前までの時間


篆刻に取り組んでいた。 ようだ


昨年の11月から構想をねり


もう3月だ。


CIMG0570.JPG

4月には完成か?


このブログは


ぼくの備忘録のうちのひとつだと


最近わかった。

版木をあずかる

CIMG0575.JPG

浦安から安曇野にもどった。


こちらの世界でまた日々のことを


ひとつひとつすすめている。


CIMG0576.JPG


ひとつひとつのうちのひとつ


宗徳寺さんから


古い時代の版木をあずかった。


CIMG0577.JPG


どれも 真っ黒で


すすけていて


ほこりをかぶっていた。


3月にはいりました。

CIMG0549.JPG


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんへ


つながるフラワー通り


CIMG0551.JPG


個展もおかげさまで無事におわりました。


CIMG0550.JPG


これからも どうぞよろしくお願いします。


CIMG0554.JPG


ひとつひとつまた3月も

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ