ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2017年1月アーカイブ

くものかたち

CIMG0399.JPG


安曇野文芸にのせてもらている


童謡をきのう提出した。


田中久美先生には


今回も素敵な曲をのせていただいた。


CIMG0401.JPG


今回で9曲になった。


すこしづつ


発表の機会がありそうだ。


CIMG0403.JPG


飛騨高山国際木版画トリエンナーレの


審査結果は選外だった。


今日あたりもうひとつ


公募展の発表がある。


CIMG0404.JPG


どんな結果でも


たのしみだ。


あそびのつづき

CIMG0409.JPG

今日は、おとうとくんのスキー教室が


雨で中止になった


きのうは、あれから


ラーメンを食べて


サッカーをしに来た


CIMG0414.JPG


豊科近代美術館の庭


高田博厚さんの彫刻に


ボールがぶつからないよう


注意はしたけれど・・・


CIMG0410.JPG


こっちにも


藤森桂谷という人の像がある


安曇野でむかし活躍した人だ


CIMG0415.JPG


つかれたので


館内で休憩


映画監督の熊井啓さんの


記念館がある


CIMG0407.JPG


そろそろ起こすか


ねんどあそび

CIMG0363.JPG


今日も朝から


お兄ちゃんのサッカーだ


CIMG0364.JPG


行きは


お兄ちゃんのともだちのママに


おねがいして


帰りは


ぼくが迎えに行くことになった


CIMG0367.JPG


お迎えに行くまで


おとうとくんと


今日は何して遊ぼうかと


そうだんをする


CIMG0389.JPG


とりあえず


9種類のジグソーパズルを


ひととおりやった


昨日の篆刻と版画

CIMG0393.JPG

ここのところ


引きこもりがちな日々が続く


あたりまえといえば


あたりまえか


CIMG0398.JPG

そんななか


篆刻教室の依頼があり


最寄りの駅から松本へ出た


高校の部活仲間からのお誘いだ


CIMG0391.JPG


その時


ぼくは卓球部の部長をやっていたけれど


これがなかなかたいへんだった


何しろ


まずしろうとの顧問の先生に教えなければいけないという


ところからだった


先生もたいへんだっただろうけれど


こっちもたいへんだった


そして部員は、野放し状態


個人のスポーツだけれど


相手がいないとだめだ


CIMG0394.JPG


うまくまとまんないかな~


次、行こう


今日の絵本

CIMG0374.JPG

今日は寒さに負けて


いつもより15分おそく起きた


予想どうり家族から


パパのせいだと言われた


CIMG0375.JPG


いずれにしても


それぞれ出発


CIMG0376.JPG


まにあったかどうかは


別として


CIMG0377.JPG


ぼくもひかりの学校へいき


今日もみんなとすごした


CIMG0378.JPG


いろいろと思いついたことを


ためしている


CIMG0379.JPG


いい予感はある


今日の遊印と版画

CIMG0279.JPG

きょうの朝は


いつもより15分はやくおきた


なにしろ朝は


みんななかなか起きない


CIMG0385.JPG

ぼくも起きたくないけれど


ぼくが起きなければ


だれも起きない


起きないとみんな遅刻だ

CIMG0386.JPG

ぼくのうしろで


おにいちゃんの目覚まし時計が


5分おきに3度なった


CIMG0387.JPG


これがだいたいあと3,4回つづく


あんまり意味がないようなきもするけれど


ママに買ってもらったからと


気を使っているのかもしれない


CIMG0388.JPG

ほらまたなった


ぼくの耳元では


それとはまた別の曲もなっている


石印材の下づくり

CIMG0371.JPG

きのうの夜、洗濯機をかけた


仮眠して


起きて干そうと思ったら


朝になっていた


CIMG0372.JPG


干していたら


家族が起きはじめ


パパのせいだ


と文句をいいはじめた


CIMG0373.JPG


べつに


ぼくがやんなくてもいいんだけどなあ


安曇鳥

CIMG0354.JPG


雪の降った午後だった。


今日も僕はアトリエに居た。


ふと窓の外を見ると


そこには不思議な鳥がいた。


CIMG0353.JPG


その鳥は赤と緑に光っていた。


もうずっと前からそこにある


静かな彫刻のようでもある。


CIMG0355.JPG


鳴きもせず動きもしないその鳥に


おそれのようなものを感じた。


いったいこの鳥はどこから来たのだろうか?


CIMG0357.JPG


僕はその不思議な鳥を


『アヅミドリ』と名付けた。

今日の遊印・紙芝居

CIMG0280.JPG


おとうとくんの連絡帳に


図書袋を持ってくるようにと


書いてあった


図書袋を持たせたら


今度は中身が入ってないから


かりた本を持ってくるようにと


次の日 また書いてあった


なんだか ややこしい


CIMG0335.JPG

そしてまた


その下に


給食袋も入ってなかった


ちゃんと持たせてくださいともあった


CIMG0361.JPG


たまにならいいけれど


内容を変えて


こんなやりとりが結構な確率である


先生もたいへんだ


CIMG0336.JPG

先生といえば


教員をしている


いとこのしのぶくんが最近たおれて


緊急入院したとの情報が入った


CIMG0337.JPG


ぼくもたおれたことが2度ほどある


1度目は小4の校長講話のとき


2度目は仕事がえりの京葉線の電車の中だ


CIMG0338.JPG


はなしはもどるけれども


先生はたいへんだ


ぼくみたいなのも相手にしなければいけないんだから


今日の遊印・篆刻

CIMG0278.JPG

安曇野は雪が降って


道路なんかあちこちままだ凍ったままで


車の運転にも気をつけなければいけない


きのうは 2年ほどまえにスリップして


登れなかった坂を


ことしは 行けるんじゃないかと思って


登ってみた


CIMG0339.JPG

もうちょっとのところで


スリップし始めた


そのとき


アクセルをもう少し踏んだら


すべりながら登った


きょうは、篆刻教室の日


3年目に入った


少人数で個性的な面々が


それぞれ篆刻をしている


ぼくも勉強になる


CIMG0340.JPG

新潟三条市で


しかけ絵本コンクールの作品展がある


ぼくも出したけれど選外だった


それでも展示してくれるらしい


CIMG0342.JPG


『線あるいは道』


CIMG0345.JPG


CIMG0346.JPG


CIMG0347.JPG


CIMG0348.JPG


CIMG0349.JPG


ちょとしかけたりなかった


CIMG0341.JPG


会期中は全応募作品がならぶ


行ってみたいけど


ちょっと遠い

CIMG0326.JPG


ハロー小川村


先週日曜、昨年の今頃 個展でお世話になった


会場を訪ねた


たいへんな雪だった


昨年 会場に来てくれた方に


あらためて感謝したい気持ちになった


CIMG0327.JPG


漫画家富永一朗さんの原画展開催中


小川村に寄付されたそうだ


お笑い漫画道場を 子供のころ見ていた


このひとは おっぱいが好きなんだという


記憶がある


CIMG0328.JPG

小川村には


きつねとたぬきの絵が


多数あった


CIMG0329.JPG

新聞に


ぼくの作った『くまのはなしが』


ふくろう文学座の濵重俊さんによって


大型紙芝居になったという記事が載った


CIMG0330.JPG


20代のときに


松本から東京にいる


画家熊谷守一さんのところに通って


生き方を学んだそうだ


CIMG0331.JPG

もういちど


しまってあった


『くまのはなし』をひっぱりだして


ながめた

ガラス瓶いろいろ

CIMG0323.JPG

地区の環境部の仕事がはじまった


今日は資源物回収の日だ


朝から雪が降り


日中も氷点下の寒さ


CIMG0322.JPG


資源物の中で


特に目を引くのは


ガラス瓶の大きさやカタチや色だ


ひとつひとつ見ていたら


いちにち飽きないかもしれないけれど


ことしの環境部長は


ちょっとおかしな人だと思われたくないので


やめた

ひかりの学校はじまる

CIMG0319.JPG


ひかりの学校


ことし初の登校日


ことしは どんな展開になるだろう


何しろ授業内容は・・・


任されている


CIMG0314.JPG


楽しみながらやろう


OMO版画って?

CIMG0311.JPG


ぼくの版画のきっかけをつくってくれた


武田光弘先生のOMO版画展がはじまっている


とにかくいろんなところに仕掛けが満載だ

CIMG0312.JPG


今回も前回同様


つかみきれない作品群


OMO版画だった


遊印カレンダー 1月号

CIMG0294.JPG

きのうは20センチくらい雪が積もった


アパートの駐車場  実家の庭  などなど


午前中は雪かきをして


日頃の運動不足を解消した


今日は天気がよく


おとうとくんの3学期も始まった


CIMG0282.JPG


昨年11月から通った歯医者さんも


今日6回目で無事終了


知り合いの技工士さんが


しゃべりかけてくれるのはいいのだけれど


口をあいて治療しながらはしゃべりにくい


CIMG0283.JPG


3か月後にまたといわれたけれど


たぶん忘れてしまっているだろう


CIMG0284.JPG


そんな時のために


メモ用紙をつくって


書いたりして描いたりしておくのだけれど


そんなメモがゴミのようになってしまっている


地区の行事 さんくろう

CIMG0296.JPG


今日は さんくろうの日だ


公民館に集まって まゆだまづくり


そとでは 木をくみ 


お正月の松かざりや、だるまや、かきぞめなどで


土台をつくっている


CIMG0297.JPG


むかしは生活の流れの中で


自然とできあがった行事だろうけれど


今は伝統行事を残そうとするための行事だ


子どもたちは自然と集まってくる


CIMG0299.JPG


かならず消防車に乗って消防団がくる


地区ごとに青年といわれる人たちが団員となり


結成される


団員はいつも募集中だ


CIMG0300.JPG


さんくろうの最後は


もえた土台の残り火の中に


やなぎの枝の先につけた


まゆだまと呼ばれるおだんごを入れて焼いて食べる


むかしは 養蚕がさかんだった


ぼくが小さかったころは実家でもやっていた


今はやっている人をあまり聞かない


CIMG0301.JPG


いよいよ雪だ


これからだ


今日の表札

CIMG0290.JPG

ことしは あまり雪が降らない


雪が降ると 早く起きたりして


まず雪かきをする


寝坊すると となりの人に起こさりたりする


ぼくは早起きが苦手だ


CIMG0291.JPG


子どもたちの学校がはじまると


そうもいっていられない


とくに おとうとくんの場合


ちこく常習犯となっている


共犯はもちろん ぼくだ


CIMG0292.JPG


表札づくり


枯れた文字 と 枯れたけやき


がもちこまれた


しばらく表札彫りをする


CIMG0293.JPG


彫りはじまると


時間はあっというまにすぎていく


そしてちゃんと彫った分だけの


疲労がのこる


ことしはカラダの使い方について


研究したい


今日の遊印

CIMG0281.JPG

お兄ちゃんの冬休みがおわった


ぼくも昨日から初仕事


遊印彫りの再開だ


CIMG0277.JPG


長年連れ添った印台は


18年目に入った


あるひとは現代アートのようだと言った


もしかしたら


ぼくの作品の中でいちばん作品らしい


作品といえるかもしれない

CIMG0275.JPG


家族みんなで かきぞめをした

おもいついたことばを書いてみた

なるほど


CIMG0267.JPG

大糸線にのって松本に来た


篆刻家曽山環翠さんの駅看板


CIMG0269.JPG

信州アマチュア美術展会場


井上百貨店に到着


CIMG0270.JPG

入選した木版画 『キボリノクマ』


リサイクルショップでもとめた木彫りの🐻を観察しながら彫った


CIMG0271.JPG


松本市美術館によった


『中信展』 開催中


高校生ですか?と聞かれたので


43才です。と答えたら


おとな300円です。とチケットをわたされた


CIMG0273.JPG

美術館のそとに


おもしろい花が咲いていた


芸術家草間彌生さんの作品


2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ