ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2015年8月アーカイブ

今年の暑い夏が終わって

8月の2やま

なんとか終えて

また9月へ

つづきます。

9月の

元気くんかれんだぁの

言葉は

なんだっけ?

今日も雨だ

残暑という言葉が日本から無くなった。

今年だけかしら?

このまま秋に突入かもしれない。

早めに衣替えしなくては。

コホロギガ ナイテイル


雨がふっています

そろそろ学校のプールも終わりのようです。

一日一日、雨の降るごと

涼しくなっています。

DSCF8258.JPG

高橋節郎記念美術館 南の蔵

ぼくのアトリエ展2015SUMMER

1階のようす

DSCF8274.JPG

1階の仕事机

15年ほど愛用

DSCF8265.JPG

2階のようす

くまのはなしの版画

DSCF8269.JPG

2階のようす

創作絵本や版画

DSCF8283.JPG

おもしろい木が

庭にありました。

DSCF8282.JPG

9日間

ぼくのアトリエになった

南の蔵です。

DSCF8285.JPG

高橋節郎記念美術館 南の蔵

での個展

「ぼくのアトリエ展2015SUMMER」

おかげさまで

無事に終了しました。

また来年もできたらいいな~


これからまた

すこしづつ

やっていこう。


お盆が過ぎて

今朝は、雨が降っています。

今日一日、準備をして

明日からは、安曇野にて展示会です。

昨日は1回目の搬入。

まずはアトリエ(仕事場)から

仕事机を運びました。

期間中は、展示会場がアトリエ(仕事場)になります。

DSCF8253.JPG

          『ぼくのアトリエ展2015summer』

 とき       2015年8月18日(火)~8月26日(水)

           9:00~17:00まで
          
           初日  12:00から

           最終日 15:00まで

          8月24日(月) 定休日

ところ     安曇野高橋節郎記念美術館南の蔵

         〒399-8302
         長野県安曇野市穂高北穂高 408-1

         電話 0263-81-3030


※  期間中は、美術館に居リマス。


    ではまた会場にて(^-^)!

      

 

   

今日という日

お盆にはいろいろなものが

もどってくる

と先日書きましたが

そば猪口アート展に出品した作品が

はやばやと戻ってきました。

落選~

ということで

ひぐら誌ギャラリーにてご紹介

今日という日にちょうどよいのではないかな~

DSCF8251.JPG

                   銘 『青山不老 緑水長存』 篆刻

                                         材 高野槙

      意味  青々とした山は永遠に老いず、みどり色の川はいつまでも流れてやまない。

                   三国志通俗演演義 にある言葉

  いまここに住んでいる安曇野の山々や流れる川を見て、この漢詩に出合いました。

 そして、偶然にも高野山開山1200周年の今年、高野槙が手元にあったのです。

 のこぎりで木を切り、皮をむき、のみでたたいて、器を作ったあとに、

 柔らかく荒い木肌の高野槙に、慎重に刀を入れて、彫り入れた文字の部分は、

 何度も紙やすりで磨きました。


 ちょっと 野暮ったかったかな~

 今日という日に

 手元に戻るってのもなかなか不思議なもんです。

  


また暑くなりました。

一時的な涼しさのおかげで

すこしクールダウン

また日中は、暑さが戻ってきました。

お盆中はいろいろなものが

戻ってきている

そんな日々でもあるんだよな~。

夏がかけあし

うらしまたろうのよう

月日のたつのも夢のうち

うらやすから

もどると

安曇野は、すっかり秋の気配

あんなに暑く汗かいた日々が

もうなつかしく。

DSCF8230.JPG

ちいさなドラゴンのよう

とかげくんがちょろり                       路風舎の庭で

DSCF8231.JPG

セミの抜け殻が

アチラコチラに                            路風舎の庭で

DSCF8240.JPG

黄金虫は

タリラりラ~♪                             路風舎の庭で

DSCF8242.JPG

せみくん

また来年                                 路風舎の庭で


来週は、安曇野にて個展をひかえており

お盆の間、もうひとガンバリ

昨年は、2人で埋めたスペースを

今年は、1人で展開します。

『ぼくのアトリエ展2015SUMMER』

というタイトルがついていますが、

遊印・篆刻のほか

版画や絵本など

自分のアトリエをそのまま

移動するような展示会にしようと

企画しました。

ただいま、アトリエ引越し準備中。

一時的に、アトリエがスッキリです。

おまけ展

浦安、路風舎での展示会後、


まだ、なにも展示されていない


ギャラリーどんぐりころころさんの空間に


作品3点を展示しました。


額は、きぎ工房の片桐さん製作です。


DSCF8247.JPG

                    「人は何で生きるか」

DSCF8246.JPG

                      「ツキノワグマの親子」

DSCF8249.JPG

                        「月と山女魚」


世界で一番みじかい展覧会(1時間くらい)を

5人で開きました。

また ここから はじまろう。


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころ さん

リニューアルオ-プンと重なりました

望月信幸 『夏を刻む展』

無事に終えて安曇野に戻りました。

いらっしゃった皆様には

連日の暑さの中、扇風機のまわる路風舎で

一緒に汗をかいていただきありがとうございました。

また、お会いできる日をたのしみに

安曇野で遊印彫りの続きをします。

DSCF8225.JPG

路風舎の朝 仕事にとりかかる前のようす

個展準備もなんとか、前々日までたどりつきました。


明日はいよいよ浦安へ


そして、前日準備をします。

では、また浦安でおあいしましょう(^-^)!


充実した5日間となりますように。

8月がやってきました。

がんばろう。

DSCF8194.JPG

今年の夏休みの家族旅行は

大阪。

大阪といえば・・・

途中、群れからはずれ

万博公園へ

岡本太郎 「太陽の塔」 1970年

初めて見るほんものに感動。

まだ生まれてない。

DSCF8180.JPG

手作りのちいさな船で世界1週に成功した

とありました。

その名も 『信天翁あほうどり2世号』

天を信じる翁とは、

うまい漢字を当てたものです。

DSCF8183.JPG

『自由の女神』より大きな『太陽の塔』と

世界一小さな船の世界一周ギネス記録

対照的なようだけれど

同じものを感じるナ。

DSCF8195.JPG

               『なまけているのではありません』

                              瑞風の元気が出る遊印かれんだー 8月号より


2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ