ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2015年7月アーカイブ

夜な夜な

夜な夜な

作品展準備

ひとつひとつ 

確認

なにしろ

作っているときは

かってに手が動いているという感じ

DSCF8144.JPG

しろくろ

DSCF8145.JPG

あか

DSCF8146.JPG

ドライヴ

DSCF8147.JPG

くまのはなし

DSCF8148.JPG

宮澤賢治版画抄

DSCF8149.JPG

ヤマアラシのクッキーとチョコ

DSCF8150.JPG

キコキコ

DSCF8151.JPG

パレット

DSCF8152.JPG

がったい

DSCF8153.JPG

まけまけやま

DSCF8154.JPG

電電虫

DSCF8155.JPG

注文の多い料理店

DSCF8156.JPG

むいて むいて

DSCF8157.JPG

くろいもの

DSCF8158.JPG

くものかたち

DSCF8159.JPG

十二支

DSCF8160.JPG

虫本

DSCF8161.JPG

山頭火

DSCF8162.JPG

くーちゃんのだいぼうけん

DSCF8143.JPG

コンプリート

個展でみんなにみていただく前の準備をしている本たち

そして

武井武雄のように

手ずから作った本を

眺めては

ニンマリとする

望月信幸


浦安の小さなギャラリーどんぐりころころ 路風舎

遊印 望月信幸 夏を刻む 展

2015年 8月5日(水)~8月9日(日)

12:00~19:00   最終日は18:00まで

にて ご覧いただけます。

夏のひととき

ゆっくり 本をめくりに 来てください。

※会期中は毎日在廊します。

そろそろ時間

明日からは、

いよいよ

子供たちが夏休みに入ります。

DSCF8140.JPG

浦安のちいさなギャラリーどんぐりころころ 路風舎

 〒279-0041 千葉県浦安市堀江3-5-2

 電話 ファックス 047-352-0778

遊印 望月信幸 夏を刻む 展

2015年 8月5日(水)~8月9日(日)

12:00~19:00

最終日は 18:00

準備もそろそろ次の段階へ

DSCF8141.JPG

自分の手で ひとつひとつ作り上げてきた

ものたち

みなさんに どう感じていただけますでしょうか?


遊印は、

今年仕上げた

高野槙・染井吉野(桜)・他、

さまざまな木々や石

の材料から、お選びいただき

オリジナル印のご注文をお受けします。


昨年から、

遊印の他に、版画、童話、絵本など

をつくりはじめました。


なにか、これらをひとつものとして見せられる形にしたいと思い、

つたない手製本しました。


数えると、19種類59冊

出来上がっていました。


額入りの版画も数点

その他も 見ていただけたらと思っています。


8月からリニューアルオ-プンします

浦安のちいさなギャラリーどんぐりころころ

のお披露目も行います。


また新たな日々のはじまりです。

DSCF8142.JPG

のこった のこった

昨日も、おすもうを

テレビでみました。

十両優勝もみえてきた

御嶽海

連敗ストップで

単独トップ

千秋楽まで

のこった のこった

DSCF8137.JPG

むいて むいて

DSCF8138.JPG

たまねぎ むいて むいて

DSCF8139.JPG

なんか とこやいったみたいやん

                                 おしまい


はっけよい

梅雨も明け

暑さが体にしみてきます。

昨日は、今年初の

スイカをいただきました。

ちょうどそのころ

長野県出身力士

御嶽海のおすもうが

テレビで流れていました。

こちらも負けじと

工房にて

ひとりずもうをとりました。

ちょうど

おすもうのはなしをつくっていたりして。

海の日過ぎたら・・

昨日は、

一日

なかなか暑い日を過ごしました。

コーヒー党なのですが

最近は、オレンジジュースが

体に合うようで

夏の暑さにも合うようです。


               ひぐらし童話

             『やまあらし と やまあらし』

                  3

 するとどうでしょう 2ひきのやまあらしは

いたさのあまり とびあがったかとおもうと

ひろいひろいだいそうげんの

すみとすみまで とんでいってしまいました。


 2ひきのやまあらしは たいへんこうかいをしました。

それからは つぎにあったときには 

おたがいをきずつけまいと きもにめいじたので

ありました。


            おしまい


と スラスラと文を書いたのですが

気になって似たようなものがあるのではないかと思いましたら

ありました。


    「ヤマアラシのジレンマ」  

         ドイツの哲学者アルトゥル・ショ-ペンハウアー (1788ー1866) 

  中身は読んでいないので・・・

 気になる方はぜひ読んでみてください。


                                              

ひぐらしがないていた

昨日夕方

カナカナカナ

ひぐらしがないていました。

すこし山の中にいくと

また違った

すずしさを感じる安曇野です。


              ひぐらし童話

           『やまあらし と やまあらし』

            さく・もちづき のぶゆき

                  2

 けれども2ひきのやまあらしには するどいはりが

からだじゅうにはえていましたので 

ちかづこうにも なかなかそのきょりを

ちぢめることができませんでした。


 そんなあるひ 2ひきのやまあらしは

じぶんたちのもっている するどいはりのことは

わすれ ぐっとちかづいてしまったのです。


                  つづく

 

  

86%

ここ安曇野は

山に囲まれているせいか

台風の影響がまずあまりないそうです。


まだ梅雨はあけていないようで

朝からむしむししていて

今日の湿度計は86パーセント

と出ていました。

           ひぐらし童話

        『やまあらし と やまあらし』

       さく・もちづき のぶゆき

              1

  あるだいそうげんに ちいさなやまあらしが

 2ひきすんでいました。

 2ひきのやまあらしは ひろいそうげんに 

 たった2ひきしかいませんでしたので

 1ぴきになると とてもさみしくなって

 しまいます。


  そんな2ひきのやまあらしは

 なるべくいっしょにいたくて 

 そしてできるだけくっついていたくて

 しかたがありませんでした。

                    つづく

 

いろいろな見え方

台風が日本をわたっていきました。

どこかの国では

なにやら大きな建造物の

建設予定が

白紙に戻ったとか。


版画絵本『くまのはなし』

さまざまな角度から

ぐるりと見回すと

なかなか

いろいろな見え方が・・・


手探りではじめた

絵本制作ですが

いちばんむつかしいのが

どっぷりと気持ちを入れたところから

いかにクールにきびしく

作品を見ることか。


完成といえば完成で

手直ししようと思えば

かぎりなし


のびしろが

あるといえば

こちらも

かぎりはないけれど


いったん白紙にもどすのも

ありか。

今日も朝がきた

目が覚めると

おーきょうも朝が来たか

なにをするだったかな?

と、記憶をたどりながら・・・

DSCF8125.JPG

版画絵本『くまのはなし』の製本

紙を切ったり 貼ったり

DSCF8126.JPG

中身をくっつけます。

DSCF8127.JPG

表紙を貼って完成

DSCF8129.JPG

はじまり はじまり

DSCF8130.JPG

こんなかんじで物語はすすみます。

32ページ

モノクロ 単色木版

ノンフィクションにちかいフィクション

試作品やっと完成

ここからまた・・・・


今日は朝から雨降りです

工房にての こもり日がつづき

かたがコリコリ

昨日は、少し外へ息抜きに。

あおいそらと

モクモクしたくも

車の窓をあけたら

熱い風が入ってきて

真夏を感じました。

今日は朝からサーとした

雨が降っていて

ちょっと気持ちを落ち着けて

こもり日再開といこうかな。

遊印彫りと『くまのはなし』の絵本作りの続きを・・・

それでも朝は

それでも朝は

まだすずしい

今日も暑い日になりそうだ

DSCF8121.JPG

昨年にひきつづき

そばのおちょこのコンテストに挑戦。


のこぎりで木を切って

皮をむき

中側をのみでたたいて削り出し

外側は、彫刻刀で篆刻。

紙やすりで磨いて 磨いて・・・

さあどうでしょう?


タイトルは、『青山不老 緑水長存』

読み せいざんおいず りょくすいとこしえにそんす

意味 青々とした山は永遠に老いず、みどり色の川はいつまでも流れてやまない

    永く続くことのたとえ

    『三国志通俗演義』 にある言葉

出典 少字墨場必携 清水光洋編   二玄社より

あついあついと風がふく

今日も昨日とおなじよう

あついあついと

風がふく

あたまもボーっと

いつもいじょう

もう1週間もすれば

この暑さにもなれるかも
 
DSCF8120.JPG

てるてるぼーず

の作品募集の案内をみる。

DSCF8122.JPG

てるてるてるてる 

みんなてる

てるてるてるてる

なにしてる

てるてるてるてる

ゆめみてる


                ※ 長野県大町市にあります松崎和紙工業さまの手漉き和紙使用

                  全国的にもめずらしい個人の手漉き和紙工房です。

                  今回の和紙は、普通の和紙の2倍の量の材料が使われており

                  厚みと強度があります。


                


ばたばたと強い風が吹く

今日は、ミナミカゼが

ひどくつよく吹いていた。

暑いので窓を開けると

紙モノが

吹き飛んでしまい

えらいことになってしまう。

暑さででこもった工房を

うまいこと風通しをして

のりきりました。

これから夏本番。

昨日今日とお兄ちゃんは

サッカーの合宿が

小谷村というところでありました。

昨日は、無事に送り届けたかと思いきや

安曇野にもどって

くるまの後部座席をみると

足もとに宿泊バックがころがっていて

唖然。

そのままもういちど往復100kmのみちのりを

ドライブしました。

そして、本日無事連れ帰り

めでたし めでたし

DSCF8115.JPG

10数年前

東京の職人展でご一緒したときに

分けていただいた

佐瀬さんのガラスペンを久しぶりにひっぱりだしました。

ペン先をつくるのが非常にむつかしいと言われる

ガラスペン。

10数年たっても書き味は抜群でした。

柄の部分は流木。

今回のDMは、

これにて

宛名書きといきましよう。

児童館でたなばた

つい最近まで涼しい日が

続いていたかと思ったら

昨日今日と 

夏らしい暑さとなりました。

DSCF8117.JPG

おとうとくんの大好きな場所

児童館へいくと

七夕飾りがありました。

少し遅れてしまったけれど

ここで

たんざくに願いを書きました。

DSCF8119.JPG

おとうとくんは何を書くのかな?

と のぞきこむと

ものすごいスピードで

たんざくに書きこみはじめ

みていた ぼくは

目が点になりました。

おしたり すったり

夏のあいだ

少し置いていただけることになりました

カードをつくりました。

DSCF8101.JPG

こんなふうに線をほった版をすり

DSCF8102.JPG

オモテにはどうぶつの遊印をおしてあります。

DSCF8104.JPG

北アルプス展望美術館  池田町 にて

7月18日(土)から8月30日(日)まで

『小島孝子と女子美同窓展 どうぶつ日和』

という企画展があります。

それに合わせて手漉き和紙メモカード 

つくりました。

DSCF8113.JPG

もうひとつ

個展でお世話になりました

カフェ風の色さんに

手漉き和紙はがき 遊印おし

納品しました。

どうぞよろしくおねがいします。

みじかいはなし

くもりぞら

あめふり

すこしはだざむい

そんな日がつづく

安曇野です。

DSCF8017.JPG

絵本のコンテストがあるとの情報を聞きつけ

版画で絵本をつくりました。

4枚の絵でお話をつくるというのが規定。

タイトルは 『電電虫』 でんでんむし

さあどうでしょう。

ふつうのでんしゃとちがい、この電電虫は、

ゆっくり、決まった線路のようなものもなく

すすみます。

こんなでんしゃに、のるひとは・・・・いるのかな?

DSCF8018.JPG

そこへ、目をまわしたカラスくんがとんできて

電電虫にのりこみます。

DSCF8020.JPG

この電車は、すすんでいないじゃないカーと

おこっています。

DSCF8021.JPG

ぼんやりくもをながめていたら

からすくんの目は、ちゃんともとにもどっていた。 (ゆっくりとすすんでいた。)

というおはなし。

半年くらいたちました。

七夕明けて

夏の音がきこえてきそう。

今年の初め

まだ寒さが肌にしみる頃から

構想しておりました

絵本第2弾 『くまのはなし』

1作目は、遊印絵本 豆本仕立ての 『く-ちゃんのだいぼうけん』  

コンテストのしめきりに終われて 即興でつくったのですが、

2作目は、版画絵本 横長絵本仕立て 『くまのはなし』 です。

半年ほど経過しました。

DSCF8110.JPG

表紙 背表紙 含め

18枚の版木を使いました。

やっと 彫り上がり。

DSCF8111.JPG

望月先生が仕上げた作品を

職人の望月さんが彫り上げ

望月アナログ印刷所で

試し刷りが終わり

お次は

望月編集長へ

バトンタッチ

最期は

望月製本所へ

まだもう少しお待ちを。


七夕になにを願おうか

七月七日の夕方に祭事をするので

七夕(たなばた) というのだそうです。

さて、短冊にはなにを書いて願いましょうかと

いうことですが

どうやら なんでも良いというものではなくて

技芸の上達に関するもの

というのが、本式のようです。

ということで

ぼくの願いは・・・

DSCF8095.JPG

夏のDMづくり   ①ー1

夏の山場の個展 第1弾

木の板に彫り上がり

これを紙に摺ります。

DSCF8097.JPG

刷り上がり

ちょっと味付けをして完成。

千葉県浦安市にありますギャラリー

どんぐりころころさんの 路風舎にて

遊印注文承ります。 あわせて

安曇野の工房で生まれた作品たちもお披露目します。

  会期は 8月5日(水)~8月9日(日) まで

※この日程でリニューアルされたギャラリーどんぐりころころもお披露目となります。

  作家のみなさんは特にお見逃しなく。

DSCF8096.JPG

夏のDMづくり ①ー2

夏の山場の第2弾

こちらも彫り上がり

これを紙に摺ります。

DSCF8099.JPG

刷り上がり

ちょっと味付けをして完成。

長野県安曇野市にあります

高橋節郎記念美術館 南の蔵 

2階建ての貸ギャラリーにて

昨年は、協力して2人展をしましたが

今年は個展にてお披露目します。

 8月18日(火)~8月26日(水)  月曜お休み


 この2つの個展の成功を願い

短冊にしましょう

夏のDMづくり ①

ここのところ

くもりぞらが多いせいか

夏が少し遠のいたような

感じもしますが、

先日は、すこし山合いに入りましたら

セミの鳴き声があり

それでも夏は、

少しずつ近づいているんだなと感じさせてくれました。

DSCF8092.JPG

夏のDMづくり その1

朴の木の、はがきサイズの板に

イメージを書きました。

文字は、さかさに書きます。

DSCF8093.JPG

夏のDMづくり  その2

こちらも同じく

朴の木の板に

イメージを書きました。

文字は、さかさに書きます。


篆刻 石材 ①

夏らしくなってきた

とおもいきや

曇り空で

つゆあけは

もう少し先のようです。

DSCF8023.JPG

21ミリ角の石材に

名前を篆刻します。

日本画用

DSCF8024.JPG

朱文 浮き彫り 凸版

いろいろと言い方はありますが・・・

文字をのこして

なるべく線を細く持っていこうという

意図のもと

彫りすすめます。


7月だ がんばろう

ことしも後半の第一日目となりました。

夏をのりきる

にはどうする?

DSCF8100.JPG

                        『じゅうなんに』

遊印たこは、足をぐにゃぐにゃさせています。

からだも頭もやわらかくしていると何かいいアイデアがひらめきそうです。

カチコチになっていたら、たこ君を思い出してください。


                            瑞風の元気が出る遊印かれんだぁ7月号より


2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ