ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2014年9月アーカイブ

9月も おわりました。

かりんとうの蔵久さんでの展示会

「野の花に集う蝶たち」も

無事に終えることが出来ました。

いろいろな思いを込めて の展示企画でしたので、

関わっていただいた方に ご覧いただきました方に

伝わる何かがあってくれたら 幸いです。

DSCF7149.JPG

ワンピース

中村 茜 さん

「紫の風に揺れる」 ←ぼくが勝手につけました。

今日、片付けに行ったのですが ちょっと早かったので

もういちど 作品を見ながら コーヒーを飲んで いましたら

秋の やわらかな風が 吹き 

紫のワンピースが 風に揺れ 

つかのまの おしゃべりを 楽しんでいるかのようでした。

作品群を ほたか野の花さんに 

お届けに行きましたら

さきほど 風に揺れた ワンピースの ように

茜さんが いらっしゃいました。

作品たちは このあと ゆっくりと

ほたか野の花 カフェだ・もんで さんに

展示予定です。

どうぞ お近くの方は ちらりとのぞいてみてください。

DSCF7146.JPG

さて

そろそろ はんこ屋さんに もどらねば

10月~は

安曇野、松本、浦安 と 

はんこ屋さん 参ります。

詳しくは またブログ・一部DMにて お知らせいたします。

印材づくりも再開。

5~10顆ほど 新作ができれば

と只今 手の中で小さな木を転がしながら

小刀を にぎっております。

まるまるの秋

先日、長野と岐阜の県境にあります

御嶽山が 噴火しました。

何人かの方から 安否確認の 問い合わせがありましたが

安曇野は 現場から離れているので こちらは 大丈夫です。

ちょうど

宮澤 賢治の グスコーブドリの伝記 のことを想いだし

もう一度 読み返したりしていました。

またいちだんと 大切なコトが 書かれているように 感じ

賢治も いろいろいろなことを 経験し 感じ お話に 残したのだなぁ と

あらためて 思いました。

DSCF7129.JPG


安曇野 穂高神社で行われた 御船まつり

こちらに伝わる 伝統行事で 安曇族が 九州(海のある国)から来たことを

思い起こさせてくれます。

この船を 最後にぶつけ合い 子孫繁栄や 五穀豊穣を 祈ります。

DSCF7141.JPG

望月くん オリジナル 手作り雑貨 制作

このたび 完成しました 木版画 ぽちぶくろ 5種

さて 反応は?

DSCF7144.JPG

栗の実も

そろそろ

風が吹いたら

バラバラと 

落っこちてきそうです。

お彼岸

子どもたちの運動会や、2週続いた連休もおわり

これを機に、すこし運動会のような毎日から 抜け出したいところ

ですが、さて?

DSCF7128.JPG

お彼岸中ということもあり

彼岸花の木版画 です。

ある童話の中から のイメージなのですが・・・、

これで わかる方があったら

スゴイ です。

彼岸花が、田んぼの土手やあぜ道に多いのは、

モグラや野ねずみが、穴をあけてしまい、

田に張った水が、抜け出てしまうからだそうです。


そこで根に毒を持つ彼岸花が、植えられたのだそうです。

モグラくんや 野ねずみくんたちの いたずら防止だったのですね~。


 ひがんばな やくわりちがう うえとした


運動会のような毎日

安曇野は、ここのところ急に冷え込みまして、

朝なんかは、10度前後の気温です。


空気も秋らしく、すこし透明感が増しているようにも感じられます。

今日は、子どもたちの運動会を観に行き、

元気な姿が見られました。

DSCF7123.JPG


運動会の後は、さすがに疲れるだろうと思いきや

そのあとは、友達とサッカー、そして夕方からは、いとこたちと寝るまで騒ぎ・・・。


どこから、その元気が出てくるのだろう?と感心させられます。


DSCF7097.JPG

実るほど こうべを垂れる 稲穂

このあたりの 田んぼの稲も刈られていき そろそろ新米がいただけそうです。

DSCF7099.JPG

9月に入ってから、はんこ とともに はんが

の制作もコツコツと。

はんがに使っている木は ホームセンターで購入した 

はがきサイズの朴の木。

彫刻刀は、約30年前に小学校で使っていたモノ。

それに、水彩絵の具と、和紙と、バレン。

が道具と材料です。

また別の機会に、刷り上がったものをご紹介したいと思います。

DSCF7100.JPG

ただいま かりんとうの蔵久さんにて 展示会中の作品です。

油彩 自画像 18才

籾山 文 さんの作品。

わけあって筆をおいてしまっていた文さん

ですが、これを機会に初めて 過去の作品を額装し

あらたな一歩を踏み出しました。


DSCF7101.JPG

こちらは スウェーデン刺繍

『異国の村』 ← タイトルは ぼくが勝手につけました。

奈須野 千代子 さん

糸を組むといった表現で良いのでしょうか?

組みあがった作品は、とても力強く

見ごたえあります。


DSCF7102.JPG

ステンドグラス

『かわいい僕』

安田 いさ子 さん

40代のときに ご病気をわずらったのがきっかけで

登山に挑戦。

その後は、日本のあらゆる山々

そして、キリマンジャロ登頂もはたし、パワフルにお年を重ねている いさ子さん

10年ぶりに、ひっぱりだされたステンドグラスの作品です。

そしてまた、ほったらかしだった ガラスを また触ってみようと

おっしゃっていました。

DSCF7098.JPG

風にゆれるコスモス

「ゆれ悩むコスモスは 咲き誇るコスモスより美しいのです」    宮 芳平

はんこ と はんが

ぐんぐんと秋らしくなり、

からだも少し楽になってきました。

秋の夜長といいますが、お月さまと、虫の声と、涼やかな風

が、創作や読書を きもち良くさせるのですね。


さて、この4月からはじめました版画制作が、ことのほか楽しく

はんこ制作 と はんが制作が、交差しながら進んでおります。


はんこ と はんが 一字違い。

やってみますと共通点もたくさんあるのですが、

違うところもたくさんあったり。

はんこ と はんが  

同時進行しながら、またお披露目の機会を増やしたいな~

と思っています。


只今、行われています

蔵久さんの展示会場には

版画作品  『クモノウエ』  と  『彼岸花に黒蝶』 の2点

を展示しています。


どうぞ ご覧ください。

秋のはじまり

夏らしさは どこかへいってしまい

もう すっかり 秋の陽気です。

夜には、すずむしの リンリンという音も 聞こえてきます。


工房は 相変わらず 散らかりを見せていますが、

机の手元の 小スペース だけは動きを保ち

スキマがみえるときもあります。


ひとつづつ 目の前の事を 行っている と言った感じです。

さて お次は・・・


ただいま、9月の展示会が行われています。


    タイトル 『野の花に集う蝶たち』


    内容   野の花茶屋 だ・もんで にあつまる人たちの作品を展示しています。


    場所   蔵久  かりんとう屋さん


           安曇野市 豊科 高家 604

           でんわ 0263-73-0170


    展示期間   9月1日(月)~ 9月30日(火)  無休


    時間     10時~17時まで 最終日は15時まで


   
   参加している人


          内山 俊    写真

          
          内山 卿子   写真

          
          中野 好子   水彩 パステル

          
          籾山 文     油彩


          中村 茜     ワンピース


          吉田 朝雄    シルクスクリーン

         
          奈須野 千代子    スウェーデン刺繍


          安田 いさ子    ステンドグラス


          望月 信幸     版画


       以上 9名 11作品  を展示しております。


      作品を通じて、障がいのある人もない人も だれもが安心して暮らせるまちづくり 

    を考える良い機会となれば 幸いです。


      だれでも気軽に 入れる場所なので お近くの方は ぜひ。


    ご協力いただいたみなさま ありがとうございました。

  


    


2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ