ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2014年1月アーカイブ

印材づくりのつづき と

なんだか少し日中は 春の陽気が続いています。

雨も降って、わずかに積っていた雪も ほとんど溶けました。

午前中は、工房で印材づくりのつづきです。

DSCF6057.JPG

割ったクルミを 布に包んで

てるてる坊主をつくります。

そして、これを印材にあて 磨きます。

DSCF6061.JPG

こうして 磨きあがった印材です。

さて 今日の仕上げはここまで。

DSCF6064.JPG

午後は、ちょっと足を延ばし

安曇野市のおとなりの池田町のアツムイ窯さんへ。

2代目森岡さん 当時4歳の作品がお出迎え。

DSCF6063.JPG

小谷村から移築したという古民家の中からの景色。

素敵です。

炉辺で お茶をいただきました。

DSCF6066.JPG

そのあと 穴窯へ連れて行っていただきました。

そのわきに 面白いオブジェが

良く聞いてみたら 窯の温度を測る 専用の温度計だそうです。

折れ具合で 温度を測るのだそうです。

造形作品として そのままいけそうですね~。

DSCF6067.JPG

そして制作現場へ

掘りごたつのように足を突っ込み 足でけってロクロを回すのだそうです。

この時期は ここで土と向き合っています。

静かな自然の中で ひたすら うつわを つくる姿が目に浮かびます。


 ※アツムイとは

     安曇とも読ませます。

     アツは「海」または「湖」、ムイは「静かな」というアイヌ語

     古代安曇は広く関東から碓氷峠までを指した総称とありました。


まっすぐな道で

工房にむかって

はしるみち

山をめざして

いるようだけれど

めざすは すぐそこの工房です。

なだらかな坂を ゆっくりと

急いでいるとき ちょっとしんどいと感じるのは

身体から くるものなのか 

それとも 気持ちからくるものなのか

そんなとき

山を見ず 自転車の前輪の鼻先に 目を落とし

みぎあし ひだりあし

ひとこぎ ひとこぎ

ゆっくりと こぎだしたら

なぜだか 身体も 気持ちも

すこし 楽になりました。

DSCF6044.JPG

途中で ちょっと

休憩です。


今日は何処(いずこ)へ

安曇野の冬の色。

なんとなく画像から伝わってきますでしょうか?

空気感といいますか

そこでの暮らしといいますか。

DSCF6038.JPG

JR大糸線から見える風景

空と山と田んぼが とても印象的です。

ちなみに安曇野市は、以前ぼくが住んでいた浦安市の20倍の面積です。

人口は3分の2(10万人弱)ほどです。

安曇野市内をちょっとそこまで、といいましても、ちょっと離れていたりします。

DSCF6039.JPG

午前中は、ちょっとそこまで用事を足して、

午後は、ねこちゃんの遊印をひとつ仕上げました。

朝、布団から出るのが、よりたいへんな季節となってきました。

年が寄ると、また寒さも一段と。

暑い日も、寒い日も、元気いっぱいな子どもを見習って、今日も工房へ

DSCF6019.JPG

工房北の窓。

ガリガリくん状態で、窓が開きません。

DSCF6020.JPG

5年ほど段ボールの中で眠っていた、印材になりたい木々(違う人(木)生がよかったか?)。

長い冬眠から今目覚めました!

(ただ、ぼくが忘れていただけ。工房のかたつけ中に出てきた。)

DSCF6021.JPG

こんな不思議なカタチをしています。

鹿児島のご縁のある方から分けていただいた真柏(伊吹)という木。

根元の切り株だったところを使ったのですが、非常に堅く、切るのに難儀したので、

ナタで細かく割ってつくりました。

ねじれながら成長するこの木は、別名炎の木ともいわれるそうです。

これで工房も少し暖まりそうです。


DSCF6026.JPG

休憩はアルプス君(ご縁があって来た自転車)で安曇野を走ります。

手前は、工房近くの栗の木群。

奥には北アルプスが肩を寄せ合っています。

おなかがすいたので、そのままお弁当屋さんへ。

片道約2km。

DSCF6029.JPG

『感謝』という名前のおむすびやさん。

とにかくお米が美味しい。

自家製米なのですが、いろいろなところに こだわりが詰まっていそうです。

一度食べたら また行きたくなります。

今日は、おむすびではなく お弁当にしました。

あー美味しかった!

DSCF6034.JPG

工房にもどり、印材づくりのつづき。

なんだこのカタチは!

こちらは、鹿児島からまたご縁があって来た柘植(つげ)の木です。

磨いていたら、なんと自分の親指とそっくりなカタチになりました。

あの、たまにローカル新聞で見る

足のように見える大根や、手のカタチに見えるジャガイモの感覚かもしれません。

子どもに見せたら大喜びでしょう。

DSCF6035.JPG

横から見ても

ますます。

そして、裏側には指紋(年輪です。)まであるんです。

おもしろいもんです。

DSCF6030.JPG

午後になり、工房北のガリガリくんは、

昼のお散歩に出かけたようで、するりと窓が開きました。

お戻りは何時でしょうか?

DSCF6033.JPG

そうこうしてる間に、また冷え込みだして

今日はこのぐらいで終了。

まだ途中の段階ですが、このぐらいできました。

左上の黄色く見えるのが柘植の木、その下の赤みがかったのが真柏、右の角材が桜の木です。

つづきはまた。

ガリガリくん また明日。

昨年11月、安曇野市内で引っ越しをして、昨年とは違う地区になりました。

そして、また新参者となり、新年のご挨拶をしながら連休中日、

地域の行事、三九郎(どんど焼き)へ子どもたちを連れて参加しました。

DSCF5985.JPG

子どもたちと役員さんたちが、地区をまわり松やダルマなどのお正月飾りをあつめて

三本の柱を組んだところにうず高く積み上げていきます。

よく燃えるように、わらも入れてあります。

DSCF5991.JPG

コネコネとお団子をつくります。

このお団子は、繭玉といって、むかし天蚕が盛んだったころの名残です。

このお団子を柳の枝にさします。

DSCF5998.JPG

点火!

勢いよく、火は燃えあがりました。

この一年、無病息災を祈って。

この火を見ているだけで、なんだか病が遠ざかっていくように感じられます。

DSCF6011.JPG

子どもたちお待ちかね。

お団子をつけた柳の枝を、燃え残った火であぶります。

柳の枝は、火に強いので、火に近づけても燃えないのだそうです。

そして、この焼いたお団子をいただくと、めでたく無病息災となります。

子どもたちは、あっというまに、お団子をたいらげ、

次の遊びへ向かいました。

DSCF6015.JPG

年賀状いただきました皆さま、いつもありがとうございます!

今年は2月に、ちょっと楽しみな企画展を開催します。

そのDMを新年のご挨拶と合わせて送ろうと思っていますので、すこしおまちくださいませ。

2度目の成人式を迎え、これからまた次の成人式まで、どのように進んでいくのかと

想いをはせながら・・・

連休明け、工房に入りますと残ったコーヒーが器の中でカチンコチンになっていました。

マイナス10度を記録したとのこと。

DSCF6017.JPG

今年初の材料作り。

才と言う字には天からの贈り物という意味合いがあります。

材は木偏がつきますから、この木は天からの贈り物。

原点をしっかりと確認してから、今年も材料作りスタート。

つくりながら、とてもありがたい気持ちになってきます。

年末から片づけはじめた工房内は、2畳ほど広くなり快適です。

寒さが増してきました。

昨日は、少しまとまった量の雪が、安曇野にも降りました。

いよいよ冬の寒さを、より肌で感じる季節です。

安曇野の積雪量は、思ったほどではないのですが、寒さはなかなかもんです。

DSCF5970.JPG

寒さの中での印彫りは、身がひきしまって

また いいもんです。

画像は、家門のアゲハチョウです。

材料は、つげの木です。

DSCF5971.JPG

合間をぬって、安曇野の有明方面へ。

雪景色がいちだんと美しい

森の中で。

DSCF5972.JPG

この有明の美しい森の中には

創作活動をしている作家さんの工房や

ギャラリーやレストランなどが 点在しているのです。

この景色が最高のごちそう。

DSCF5973.JPG

そしてまた、有明から少し離れたわが工房に

もどり

創作のつづきです。

子どもたちは、今日から新学期。

無事に送りだし ほっとしています。

さて 昨日、展示会も無事初日を迎えました。

DSCF5955.JPG

Re.フォレストさんのある大町市へ。

安曇野市から、さらに北へと車を走らせます。

天気も良いし、たっぷりと雪をかぶった北アルプスがお出迎え。

ほんとうに みとれてしまいます。

車の運転には気をつけて。

DSCF5962.JPG

信濃大町駅前通りを上がっていくと 大町名店街入口に

ここの入り口にお店があります。

DSCF5961.JPG

駐車場はこちらです。

雪がこのぐらい積っています。

スタッドレスタイヤは履いてきてくださいませ。

DSCF5959.JPG

トムソーヤさんというビルの1階がお店です。

DSCF5964.JPG

入って左側には、年季の入った除雪車がありました。

まだ現役?のようです。

DSCF5958.JPG

入り口から入って右側が Re.フォレストさんの入り口です。

昨年、3階から1階へとお店を移し、まもなく1年を迎えるそうです。

それでは ご来店のみなさま どうぞごゆっくり。

今年もはじまりました。

どんな1年になりますでしょうか?また1日1日、歩いていきたいと思います。

子どもたちは明日まで冬休みです。

息子2人とつれあいが 次々と胃腸炎になり 午前中はお医者さんへ連れて行きました。

そして 午後は明日からはじまります展示会の準備に 長野県大町市へ。

DSCF5948.JPG

安曇野から、約30分 車を走らせ到着しました。

リュックサックとスーツケース。

ここから またスタートです。

何が出てきますでしょうか?

DSCF5944.JPG

2時間ほどで展示完了!

明日から約1ヶ月ほど 展示期間をいただきました。

     タイトル  『遊印とことばの書展』 

     場所    Re.フォレスト

            JR信濃大町駅前通りをずんずん歩いて10分ぐらい 通り沿い右側です。
                 大町名店街の入り口にある雑貨屋さんです。

     期間    2014 1月7日(火)~2月5日(火)

     時間    10:30~18:30

            12,13日は 12:00~17:30

     1月の休業日 8,9日をのぞく水・木曜日と 14日(火)  

      お散歩がてら のぞいてみてくださいね。

      気の利いた 楽しい雑貨が アチラコチラに 明日は初売りとのこと お見逃しなく!

      
DSCF5949.JPG


元気くんカレンダー1月号

     『ただ うたう だけ』

   あたまのなかを からっぽにして こころのままに すすむとしましょう。

    

     

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

〜瑞風のほぼ日めくりかれんだぁ〜 powered by アメーバブログ