ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2013年5月アーカイブ

今日は曇り空で、ちょうどよい天気でした。

3週間の展示期間も、あと3日になり、ゆっくりと展示会場を眺めたり、

ひとつひとつの印と向き合ったりしました。

DSCF4847.JPG

1、見素抱樸

   読み  素をあらわし樸をいだく

   意味  人間本来の自然な心をあらわし、あるがままをまもること。

        素は白絹、樸は荒木で、ともに生地のままをいう

                                        出典 [老子]

DSCF4888.JPG

ひつじ屋さん入って右側のスペースが展示会場です。

今日も心地よい空気が流れています。

ひつじ屋さん入口には、今年もツバメが巣をつくり、

今日は親鳥3羽が店内に入り、作品を鑑賞してくれましたよ。

DSCF4885.JPG

ツバメの子どもの小さな黄色いくちばしがちょんちょんちょんと並んでいます。

展示会場を後にした親鳥は、エサを探しにサーっと飛び立ちました。

DSCF4882.JPG

屋外の作業机から見る風景。

ここからの眺めもまたいいのです。

DSCF4884.JPG

上を見上げて

青と白のしましまの

ちょっとやぶれてしまったパラソルもこうして

役に立ってくれました。

DSCF4846.JPG

片桐さんの額に入った印譜も

誇らしげ。

馬子(まご)にも衣装とはこのことですね。


   

うさぎ3(さん)と台座

安曇野ひつじ屋さん展示会も今週金曜日までとなりました。

あともう少しですが、1日1日を大切に過ごそうと思っています。

古いものを掘り返したり、今、人と出会ったりしながら、また創作が続いていくのですね。

ひつじ屋さんでも思いがけない出会いが日々あって、そこからご縁としてつながっていく、

そしてまたつながっていたご縁が、またこの先どうつながり、どうなっていくのか?

そんなところがこの先も楽しみです。

DSCF4835.JPG

今日は工房にて、

書いたり彫ったり考えたりの日。

空の天気も曇っていてちょうど良い気候です。

ご家族3本の印を贈り物にとご依頼を受けたのですが、

それと一緒に台座をつくることになりました。

台座は、端材を切って削って磨いて制作。

印の大きさにくりぬいて3本がうまく立ちますように。

DSCF4836.JPG

彫刻刀でひたすら穴をあけて、

このぐらいでいかがでしょう?

DSCF4839.JPG

お父さんうさぎ

お母さんうさぎ

こどもさんうさぎ

とポーズも決まりました。

DSCF4842.JPG

お名前もばっちり入りましたよ!

3人が素敵な毎日でありますように。

すてきな3人組なんて絵本もありましたね~。


暑い日が続いています。

外では、かっこうとかえるがよく鳴いています。

日中はほんとうに暑く、もう夏です。

夜、この時間になるとやっと窓から涼しい風が入ってきます。


今日は赤ちゃんが生まれたおともだちの家に行き、

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしました。

こんなに軽くてホワンとしていたんですね。

気持ちよさそうに畳のお部屋ですやすや眠っていました。


また今度会う時がたのしみだな~。

昨日はおかげさまで快晴となり、保育園バス遠足が無事におわりました。

6台のバスの後ろへ前へと

緊急車両の望月号がはしりました。

DSCF4743.JPG

なにかのときの出動でしたが、

おかげさまで何事もなくもどってまいりました。

よかったよかった。

DSCF4749.JPG

長野市にある茶臼山動物園にいったのですが、動物達とのふれあいに

こどもたちが、大喜び!

ワタクシも、大喜び!

こちらは、アルマジロくんとの触れ合いです。

かぼちゃが動いているみたいでした。

DSCF4751.JPG

コノハズクくんとの触れ合い。

なんともあいらしい。

ワタクシもふれあいたい!とおもったのですが、子どもたちが優先です。

DSCF4801.JPG

恐竜くんとのふれあい。

おとなりに恐竜公園というところがありまして、その場所のいたるところに

恐竜のレプリカが。

その恐竜たちは子どもたちの遊具になんかもなっていたりして、

とっても楽しい公園なのです。

DSCF4809.JPG

たくさんの恐竜たちともおわかれです。

楽しませてくれてありがとう!


話は少し変わりまして、

個展4日目に、安曇野エフエムの収録があったのですが、

取材をしてくれた、小林史 さんが、

人間て、人と人との間に役目をになっているから、人間ていうんだと気づいたんだ~って

言っていました。

なるほど、そういわれますと昨日のバス遠足しかり

あれしかり、これしかりで、

あれこれ思い当たる節があります。

そういうことなんだね~。


ちなみに、ラジオでの公開は、

来週5月22日水曜日午後1時~、安曇野FM76.1メガヘルツ(なろうひとつに!)

を予定しているそうです。

小林史さんのおひさまサークルという番組でで20分ほどしゃべっています。

インターネットのサイマルラジオでも聞けますので、

気になる方はチャンネルを合わせてみてください。

変なこと言ってるかもしれませんが、おゆるしくださいませ。

個展のスキマ

ただいま、個展留守してます。

留守中は作品がおりますので、ゆっくり対話していただけたらと思います。

そのスキマに高速バスに乗り、いざ関東方面へ。(昨日)

いつもの安曇野スイス村から新宿へ。

途中工事渋滞があり1時間30分ほど遅れて着きました。


新木場で、材木屋さんと久しぶりの再会。

木のことに詳しくいつもいろいろと教えてくれます。

こんな木に印をつくるの?と

不思議がられ、おもしろがられ。


舞浜ではイクスピアリにてお菓子屋さんと久しぶりの再会。

今のはんこ業のいしずえをつくった場所イクスピアリ。

ワゴンショップという名の露店で日々注文の印を彫りつづけていました。

それも、もう10年ほど前になるでしょうか?

その目の前にあった梅園さんというお菓子屋さん。

その時の店長さんと再開。

あるわよ、あのときの!って

手元の引き出しからあの時のはんこが飛び出してきました。

びっくり!


そして、浦安のどんぐりさんに到着です。

ただいま、猫実珈琲店展開催中!

にぎやかな作品展になっています。

どこから見ようかちょっと戸惑いながら、閉店までの時間をすごしました。

DSCF4731.JPG

こちらは、シンガーソングライターの石岡雅敬さんのニューアルバム

『帰路へ』

題字と名前を書かせていただきました。

DSCF4732.JPG

最初に書いたものは、ボツになったのですが、(ちょっと抑えめの書でした。)

こちらのは、かれんだーの文字を書くときのような感じで、書いたものです。

こんなに大胆に使ってくれるとは、思いませんでいた。

自分のアルバムのようです。

DSCF4734.JPG

そしてジャケットの裏の写真。

ステキです。

アルプス君の持ち主でもあった

龍木博さんの作品です。

知らぬ間にシャッターを切っている博さん。

いつのまにやらいい写真がとれている。

カメラの世界も奥深いです。


次の日(本日)

浦安~銀座~神保町と訪ね歩き、安曇野に無事に到着いたしました。

明日は、保育園のバス遠足の引率です。

緊急車両を出す係りになりましたので、

6台の大型バスの後ろから、ひとりマイカー遠足です(笑)。

石岡さんのCDを聴きながら行くとしましょう!


安曇野はすでに夏の陽気です。

昨日よりTシャツを着ています。

昨夜は、暑くて子どもたちが寝られないと部屋の窓を全開にして、床につきました。

部屋の窓を全開にしますと、カエルくんたちの大合唱中でした。

そういえば、今年のカッコウは鳴きはじめるのが1か月ほどおそく、

一昨日くらいに遠くのほうから聞こえてきました。

深夜になって、肌寒くなり床から起き、全開されていた窓を閉めまた床についた昨夜です。

DSCF4723.JPG

ひつじ屋さんの入って右の壁面です。

DM制作者のゴウさんは

宇宙のようだと表現してくださいました。

一位の木を磨いた飾り棚に今回の新作遊印10点をならべ、

その上に、片桐さん制作の額に納まった印譜10点が、

宙に浮いています(壁面にかけてあります)。

DSCF4722.JPG

壁面にむかって左の棚には、いろは印、新作かれんだー、てぬぐい、

ご注文用の印材がならべてあります。 

昨日は、お客様に、作家さんは毎日いらっしゃらないんですか?

ときかれ、僕です。と答えたら、ここのお店で働いている方かと思ったわ。と。

次のひつじ屋さん在廊日は21日火曜です。

どうぞよろしくおねがいします。

DSCF4709.JPG

個展初日は雨だったのですが、昨日は爽やかな快晴でした。

で昨日は、アルプス君に行商セットを詰め込みましてひつじ屋さんへむかいました。

DSCF4710.JPG

レンタサイクル、カフェ、そしてギャラリーがありますひつじ屋さん。

作品は中の壁面スペースと棚のスペースにならべてあります。

一昨日は雨のため、カフェの中で在廊していたのですが、

昨日は快晴でしたので、外での在廊スタイルをととのえました。

向かって左手にアイスクリームの冷蔵庫、そして右手にはレンタル自転車、

そしてその真ん中に、はんこ屋さんです。

道案内、アイスクリーム販売、自転車のレンタルのお問い合わせも

同時にうけたまわります(笑)。

昨日は、穂高養生園に自転車の配達もしてきました。

とそんなこんなで、本日もおまちしております。


行商セットの衣替え

DSCF4705.JPG

おかげさまで、無事に個展も始まりました。

昨日は、雨でしたけれど、いらしてくれた方とゆっくりお話が出来ました。

一昨日の準備の後、ポストにお届け物あり、

行商セットの新たな布でした。

行商セットを持ち歩き、いつのまにやら半年たっていました。

気分一新、布をかえてひつじ屋さんにまいります。

DSCF4706.JPG

カチッとぴったり!

行商セットにもピッタリなのですが、今の自分にもピッタリの布で

とっても気に入りました。

これでまた今日もでかけます。

DSCF4708.JPG

今日も日の出とともに。

東の山から雲間をぬって光の線が走ります。

DSCF4694.JPG

昨日夕方、あわただしく準備がはじまり、いよいよ今日から安曇野ひつじ屋さんにて

個展が始まります。

昨年に引き続き2度目の開催です。

今回のDMは、印が浮遊してなんとも不思議な仕上がり。

左下隅には、浮遊する印の縮小した印影。

こちらもヒトヒネリされた ん? と思わせるモノ。

視覚と知覚が刺激されます。

DMの制作者は、冬の行商中に蕎麦とりいさんで出会った

詩人 ウチダ ゴウ さん

「してきなしごと」と銘をうちまして

松本で貸本屋ブックパッカーを経営する傍らデザインの仕事をしています。

これも何かのご縁と今回のDMをお願いした次第です。

左上のコピーライティングもウチダゴウさんによるもの。


「木のように生まれ、石のように磨かれ、星のように語る。」


伝えたい内容を見事に短く、詩的に表現してくださいました。

材料(木片)集めから、材料づくり、言葉の選定、遊印のデザインと

4年前の初個展のときから少しづつ一連の仕事を自分でやりはじめました。

小さな遊印の中に豊かな内容をぎゅーっと詰め込みたいと、そんなことをイメージして。

まずは土台となる材料探しから。

材料(木片)の種類だけでも相当あり、その中で印に刻めそうなもの、

雰囲気があるもの、珍しいもの

などを少しづつ集め、

その木片を眺め、

切ったり、削ったり、磨いたり、穴をあけたり、見立てたりして

印材をつくりました。

それから

その印材の雰囲気やかたちに、

その時の自分の心情とピタリと重なる言葉を古典から探し、

篆書を調べデザインし、

印に刻みました。

今回展示の新作10点は、こうして出来上がった遊印たちです。

印影は片桐武夫さん制作の額に入れて展示してあります。

片桐さんと知り合ったのは、これまた4年前の初個展の時。

それから、いろいろとお世話になっています。

片桐さんは、

4年前わたくしが初個展をしました

浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんの内装も手掛けているのですが

今回の安曇野ひつじ屋さんの内装も手掛けており、

これまた不思議なご縁でつながっているのです。


小さな遊印の中に内包された小さな物語もいっしょにお楽しみいただければ幸いです。

これからもこの小さな中に深みと広がりが増すような仕事が出来ればと思っています。


DSCF4695.JPG

   遊印 望月信幸展

   とき 2013年5月11日(土)~5月31日(金)
                
       8:30~18:00 火曜定休

   ところ JR穂高駅前 安曇野ひつじ屋  0263-82-3888

  在廊日 11土、12日、13月、14火、21火、23木、24金、28火、30木、31金
 
   じかん  11:00~16:00

※在廊日に限り、オーダー印を承ります。


  では、みなさまのご来展をおまちしております。

   

  

DSCF4676.JPG

早朝、裏のはたけへ出ましたら、ぶるっと来る寒さ。

昨日、お兄ちゃんが何かの種を持ってきて、撒いた後。

この状態で、1夜明け、霜が降りました。

DSCF4679.JPG

いろは一文字印に、ことわざを付けてかるた風に。

大小陰陽さまざまな表現の一文字印です。

ひとつひとつ袋に入れました。

   い...石の上にも3年 

安曇野に来て3年目。

見える景色もかわりました。

1年前のひつじ屋さんでの個展では、知り合いも数えるほどで、どうなることやらと・・・

まずはごお披露目しなくてはと1回目。

今回は、この1年間でどうなったかと2回目のお披露目展です。

安曇野に来てから、今までできなかったことができる幸せとそれにともなうアレコレと。

陰と陽が背中合わせ。

うまくできているもんです。

ちなみに遊印も陰と陽の表現なのですが、

この加減が出来上がりの美しさにも関係してきたりするのです。

今回は、陽の部分が際立つよう陰の部分を多くした表現がたまたま多くできました。

ひつじ屋個展では新作遊印10点をメインに、その周辺のアレコレを展示すべく

準備中です。

DSCF4680.JPG

看板の文字もリニューアル。

在廊日はこの看板が目印です。

仕事しながらお待ちしております。


DSCF4669.JPG

ゴールデンウイークがおわりました。

ゴールデンウイーク中、制作をストップさせていましたが、今朝から再開です。

まずは、急ぎの注文印から。

だんだんと夜があけてきます。

はじまるぞー!ってかんじですね。

DSCF4670.JPG

ゴールデンウイーク中に来房された方がありまして、スグに使いたいとのことでしたので、

まずはこの1本目から。

ちょっと長めに仕上げたリンゴの木の材料を選んでくださりました。

枝がぽこぽこ出ているのもイイカンジ!

会社でまいにち使いたいとのこと。

うれしいです。

週末からは個展がありますので、その準備も追い込みに入ります。