ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2013年3月アーカイブ

春休みに入り・・・

DSCF4199.JPG

工房の東の空が少しづつ明けてきました。

朝、5時ごろの気温はまだ3℃。

日の出は早くなり、自然と目覚めも早いのですが、まだ寒いさがこたえます。

目覚めは早くも、もうすこし布団の中にいたいという気持ちが・・・。

DSCF4202.JPG

行商セットの中身を確認し、今日は、浦安へ向かいます。

いつもは、ひとりなのですが、春休みに入ったお兄ちゃんを連れての小旅行。

こういうのもいいかもしれません。


   明日3月25日(月)  13:00~18:00 路風舎 に居ります。

     短い時間ですが、はんこのご相談などなどございましたらお立ち寄りください。


DSCF4205.JPG

工房西の空が明るくなってきました。

今日もたのしい一日になりますように。

春のいろいろのはじまり

本日は、こんど年長さんにあがります

弟君の卒園式会場へ。

保護者会新役員の挨拶も無事終えてきました。

日中は遊印の出前えや打ち合わせに安曇野界隈を走ります。

車のタイヤくんも夏バージョンに衣替えしたので、スイスイ走ります。

夜は安曇野スタイルの会議に出席。

いよいよまた新年度の新たな一仕事二仕事がはじまります。

限られた時間で、できることをできるだけ。

あまり欲張らないようにしなくてはいけませんね~。

まわりのみなさまと協力、共生して、この1年ものりきりたいとおもう今日です。

春分の日

今日は、春分の日。

そしてお彼岸中日。

家族で菊を持ってお墓参りに出かけました。

風が吹き花粉とび、目と鼻がむずむず。

春休みに入った子どもたちは元気よく飛び跳ねています。

午後は遊印かるたの仕上げ。(何度かつくりなおしている。)

DSCF4179.JPG

かるたのサイズにカッターで切り込みを。

DSCF4180.JPG

いろはにほへとちりぬるを・・・・・・

ポチポチおします。

DSCF4181.JPG

ことばをひとつひとつ

おします。

DSCF4182.JPG

押し続けます。

指先がひりひりと。

DSCF4183.JPG

絵札に突入。

DSCF4184.JPG

もうかれこれ

何プッシュしたかな?

気力も必要。

DSCF4187.JPG

カッターで切ります。

ただ切るだけなのに難しいー。

カッターが悪いのか?

腕が悪いのか?

とそんなことを思いながら、切っていきます。

完成が見えてきました。

とそのとき

DSCF4190.JPG

菊芋掘りのイベントから子供たちが帰ってきました。

遊印かるた完成は少しおあずけです。

菊芋は、秋に菊のような花を咲かせて、今頃収穫期を迎えるのだそうです。

キク科ひまわり属の多年草。

エドガーケーシーという人が、天然インスリンとして、

糖尿病の合併症に効くことを発見し、多くの人を救ったと記述されていました。

スーパーに売ってるの見たことないけど売っているのかな?


先週、工房に来ていただきました『朝日そば ふじもり』さんの印が完成しました。

今日、無事お渡しできました。

DSCF4157.JPG

まずは残された手がかりのうちの一つお蕎麦のゆで方を拝読。

イラストは奥様作です。

ふむふむ

お蕎麦が食べたい。

DSCF4158.JPG

印材 リンゴの木

大きさ 40mm×45mm

印材の中では大き目です。

DSCF4159.JPG

デザインがあたまの中に浮かんだので、下書き。

まずは面の中央に線を引きます。

今回は得意のインスピレーション逆さデザイン直接書きです。

DSCF4161.JPG

鉛筆でラフ書きのあと、筆入れします。

こんな感じになりました。

屋号と住所が入った印です。

DSCF4163.JPG

慎重に彫り進めます。

おおきく屋号を左半分に。細かく住所を右半分に。

視覚的におもしろさを。

そして、屋号が目立つようにと。

DSCF4164.JPG

彫り上がり!

DSCF4165.JPG

どうでしょうか?

『朝日そば』のロゴは、奥様デザインです。

とてもおもしろいロゴ。

ご主人の意向と奥様の好みと木口の様子と

そしてわたくしの勝手を入れて出来ました。

うまく調和できたかな?

オープンが今から楽しみです♪

聖人愛精神 而貴処静

夜空を眺めると一面にすごくたくさんの星が輝いていました。

2,3日前には、日中20度近くまで気温が上がった日があったのですが、

今日はまた、グッと冷えたりしています。

その気温がグッと上がった日に、印の制作がすこしはかどりました。

DSCF4148.JPG

4年ほど前に制作した印材を手元に置き、ついに印を刻する日がきました。

材料  カリン コブ

大きさ  65×70mm

DSCF4152.JPG

この材にぴたりと合う言葉をさがし、決まった言葉。

    聖人愛精神 而貴処静

      読み  聖人は精神を愛しんで 静に処るを貴ぶ
           セイジンハセイシンヲオシンデ セイニオルヲタットブ 

  意味 聖人は精神を大切にして、常に静かな境地にいることをよしとする

       出典   韓非子の解老にある言葉。

この文字を字書で調べ、文字の設計図をつくります。

DSCF4150.JPG 

設計図を和紙にうつし、カーボン紙を使って材に逆さにうつします。

DSCF4151.JPG

こんな感じにうつりました。

うつした後は、朱墨でもういちど線をととのえます。

材の発する木目に目を奪われながら、印刻開始です。

DSCF4153.JPG

細く痩せた線を、朱文(浮彫り)で刻します。

DSCF4154.JPG

もう少し。

いつの間にか何時間もたち、久しぶりに日にちが変わってなお刻し続けていました。

こうゆう時はあまり疲れたという意識はなく、冴え冴えしています。

DSCF4155.JPG

明けがた近くに、全体が彫り上がりました。

ここからは、少しずつ気になる線に刀を入れて完成に向かいます。

ゆっくり行進

DSCF4141.JPG

ここのところ北アルプスの美しい景色にみとれる毎日です。

写真では伝えきれないところがほんとうに残念です。

最寄りの駅(柏矢町)に連れ合いを見送りに。

その駅舎の脇からパチリ。

DSCF4142.JPG

そのあと場所を移動して、穂高学習センターみらいの脇からパチリ。

本日は安曇野スタイルの本年度第一回説明会。

方向性などが伝えられ、今年も動き出しました。

運営委員となり2年目で、少しまわりが見えてきたのですが、

まだまだ教えていただくほうが多いです。

今年もよろしくおねがいします。

DSCF4145.JPG

午前中に説明会は終了し、

午後は、仕上がり遊印の出前です。

春の陽気に、なんだかぽわんとしてしまいそう。

次に向けて、ゆっくりうごきだします。

この時期は、あたたかく、つい、えい!と体を動かしがちなのですが、

マーチ(3月)なのでゆっくり行進し

来月のスプリング(4月)にはぴょんぴょんと動きたい。

そういつもイメージだけは、いっちょうまえなんですけど・・・。

※ひさしぶりの腰痛の言い訳も兼ねる。


ハルウララ

今日は、はるらしいとても気持ちの良いお天気です。

朝一で安曇野の風景を見ながら遊印の出前に伺います。

いつになく雪を抱えた安曇野は、2月も終わりごろ雨が1日降り

すっかり春らしくすがたを変えました。

DSCF4131.JPG

春は名のみの風の寒さや~

早春賦の歌そのままだな~と今年も。

大町高校(わたくしの母校でもあります)の校歌をつくるための取材に訪れた丸山一昌さんが、

その地で着想を得た歌なのだそうです。

DSCF4133.JPG

そして、今日はめずらしく工房へ来客が。

工房の片付けをささとすまし、お出迎え。

安曇野では、この冬大活躍の長靴くん。

DSCF4136.JPG

工房の窓から見える景色。

日影には雪が残りますが、スッキリ向こうまで春景色。

DSCF4137.JPG

常念岳の頂上も美しい。

DSCF4140.JPG

手元に残された手がかり。

この春オープンします朝日村の『朝日そば ふじもり』さん。

1年かけて、約100年前の古民家を改装(中)。

出店までのストーリーをアレコレうかがいまして

遊印制作です。

いいのができそうです。

おたのしみに。