ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2012年11月アーカイブ

DSCF3421.JPG

画像をたてにするのにどうやったっけかな?

まっいっか!

みにくくてスミマセン。

寝転んで見てください。

今回の浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんでは、2+1の展示会があります。

一つは、どんぐりころころにて おかべあけみ作陶展

もう一つは、路風舎にて わたくしの遊印展

そして+1は、路風舎にて23(金)祝~25(日)3日間 てんてんぐーす骨董店

です。

おもしろい会期になりそうな予感です。

おかべあけみさんの作陶はあたたかくゆったりやさしい感じの作風です。

てんてんぐーす骨董店では、

漫画家の細川貂々さんとグースさんのお二人が収集された骨董品が並びます。

わたくしの「吉祥吉語印展」は、

タイトルをつけた時にはもうちょっとカタいイメージの印が出るか?と思ったのですが

もっと日常でちょっぴり楽しめる印が良いなぁとちょっと角度を変えて、

ご提案させていただくことにしました。

ちいさな遊印の世界を楽しんでいただければとおもいます。

路風舎の展示空間では、その他作家さんの作品も並びますのでどうぞお楽しみに!

たぶん日に日に展示空間が変わることでしょう。

では明日からの展開をお楽しみに!

ブログは個展終了後にまた。


おだやかな日常

個展準備ももう少し。

出発前のひと仕事をモロモロすませます。

浦安の個展から戻るころには、12月に入り雪もちらちら、

車のタイヤもスタッドレスに履き替えねばということになっていそうなので

最後の秋を楽しむために自転車のアルプス君を車庫からひっぱりだしました。

今日は風もなくおだやかであたたかな安曇野です。

お昼は穂高駅前のひつじやさんでこの時期限定のカレーうどんをいただき、

そこに居合わせた今年お世話になった方々とひとときのおしゃべり。

そして、そのあとはcafeだもんでさんにてコーヒーを一杯。

アルプス君の修理の相談にはじめて伺ったのはこちらでした。

看板とアルプス君とスタッフの方とおしゃべりしながら写真を数枚撮っていただきました。

帰りには、いつものたいやきクリームとあんこを3つづつおみやげに買って帰ります。

交差点でぼんやり信号が青に変わるのを待っていたのですが、いつまでたっても変わりません。

よくみたら押しボタン式の信号機。

車社会だもんなーとあらためて。

北アルプスを眺めながらゆっくりとペダルをこいで帰宅。

おだやかな日常


移ろいゆく季節

DSCF3453.JPG

本日も路風舎個展DM書きから1日がスタート。

書き続けたDMは何枚になったかな?

テーブルにある大きなゆずは鬼ゆずというそうで、幼児の頭ぐらいあります。

鬼ゆずの清涼感のある香りに目をさまし、

淹れたてのコーヒーでもうひとさまし。

うつわは、真っ黒でがっちり不器用感のある珠洲焼きで。

いただきます!

DSCF3454.JPG

午後はまたDMを小脇に抱え、安曇野スタイルの残った仕事に出かけました。

ちょうど奥の山が冬になり、手前はまだ秋が残る安曇野のように、

安曇野~浦安と展示会が変わるちょうど私の今に重なってみえます。

しっかり次の季節に変われるようにしなくてはですね。

DSCF3458.JPG

最後に到着したのは天聖庵さま。

やさしくマッサージをしてくれるご主人がいらっしゃいます。

安曇野に移り住んで2、3年。

こちらに来て待望のあかちゃんが生まれました。

工房展では、その子の遊印をご注文してくれました。

DSCF3459.JPG

遊印を手にし、

ご家族でハイチーズ!

これから、また新しく楽しい安曇野暮らしが始まりそうな天聖庵のご家族です。

こちらの気持ちもあったかくなりました。

コーヒーごちそうさまでした!

DSCF3460.JPG

できあがった遊印はボクの物だよ~。

来週木曜から路風舎さんで個展がはじまります。

昨日から個展DMの宛名書きをしています。

あの人にも、あーあの人にもと1枚1枚積み重ねて。

こちら安曇野に来てからも多くの人にお世話になって、

また1枚と積み重なっていきます。

すべての方に!とは毎回なかなかいかないのですが、もう少し書きたいな~と思っています。


DSCF3448.JPG

今朝は安曇野に初雪が舞いました。

降るというほどでもなかったのですが、遠くの山から近くの山に、

そして里に冬が下りてきている

そんな感じです。

少しずつ今年も押し迫ってきているという感覚ですが、いそぐほど気持ちはゆっくりと

を心がけ、コーヒー豆を手引きミールでコリコリやったりしています。

DSCF3447.JPG

収穫が取り残されていた

小学校卒業記念樹として植えたキュウイの木。

つるが、お隣さんの木まで勢いよくからまって、来年は対策を考えねばなりません。

カゴに山盛り採れました。

入りきれず、そのあとバケツにも。

DSCF3449.JPG

今日の午後は、有遊さんにて篆刻1日講座。

宛名書きの終わったDMを小脇に抱え現場に向かいました。

自己紹介もほどほどに、篆刻教室がはじまりました。

みんな初めてですが、真剣に印に向き合い完成まで。

文字に興味しんしんで、初めから最後まで字典が大活躍しました。

こちらも教えてもらうことも多いので、中身の濃い篆刻教室です。

  

今週は工房にて来週の個展準備モロモロ。

机上に並べた木の印材を前に思案中。

さあてどうする?

と会話をしているうちに、印材に生き物たちが彫りあげられていきました。

なんともおもしろい彫りあげられた生き物たち。

それぞれ個性があって、みんなで何かをしたがっているようでもあります。

とそのとき、旧友から電話あり。(昨日)

安曇野のあの場所でドラマ撮影があるので、エキストラをやってくれないかとのこと。

おもしろそうなので出かけていきました。(本日)

DSCF3430.JPG

現場に到着!

安曇野の大王わさび農場です。

黒沢監督「夢」のあの場所が、今回は金曜プレステージ「所轄刑事8」の舞台に。

観光客役で少し歩いたのですが、ドラマの現場の空気を間近で感じさせていただきました。

DSCF3436.JPG

主役の方、そしてその周りを囲む多くのスタッフの方々、

安曇野へようこそ!

DSCF3435.JPG

わさび農場の中のスポットを転々と、

大移動です。

さわやかな秋晴れでしたが、途中吹く風は雪景色北アルプスからの贈り物。

寒い中おつかれさまでした!

3時間のあいだに冷え切った体をあたためようと、帰りに「cafeだ・もんで」さんに。

DSCF3445.JPG

わたくしが制作しました看板がお出迎え。

制作の様子は9月下旬ごろのブログひぐら誌参照。

中に入り、ほかほかのたい焼きとあつあつのコーヒーをいただきました。

心身ともにあったまりました。

また来ますね~。

今年最後の個展に向けて

日中はまだ暖かな日が続く安曇野です。

銀座松屋さん展示会、安曇野スタイル工房展と続きました秋の催しも

次の浦安のギャラリー路風舎さんでの個展が今年最後のお披露目となりました。

やっと昨日、DMの原稿のやりとりにたどりつきましたよ。

来週中には、手元に完成したDMが届く予定です。

手元にあります注文印をつくりながら、

路風舎さんでおこなわれる個展へ向けての準備を少しづつ

すすめています。

DSCF3427.JPG

DSCF3391.JPG

4日目。

最終日。

朝、カーテンを開けましたら安曇野は濃い霧に包まれていました。

昼間は穏やかな暖かさなのですが、朝晩は、グッと冷え込みます。

DSCF3392.JPG

工房オープン前に、アルプス君を引っぱりだし

ハンドルのあいだに、熊よけの鈴が付いたカゴをつけて

朝の散策。

なんだか牛のようなかっこうになりました。

出発!

DSCF3394.JPG

刈り取られた稲の株から若い目が伸びてました。

そして、霜でおおわれた草の穂先。

だんだんと寒くなるのですが、美しい景色も育まれるのですね。

DSCF3395.JPG

もうすこし先のところで、蜘蛛の巣をみつけました。

こちらも霜がかかり、

いちだんと美しく見えます。

DSCF3398.JPG

アルプス君での散策が終了し

工房を開ける頃には、濃い霧も晴れ、

雪に覆われた北アルプスが現れました。

DSCF3402.JPG

おかげさまで、

この4日間、思いがけない出会いや、

たくさんの方々との交流ができました。

もっとお一人お一人とお話が出来たらと思ったのですが、

またの機会に是非。

自分の中での試みをこれからも少しずつお披露目できればと思っていますので、

どうぞ末永くよろしくお願いします。


最後は、穂高の総合学習センターみらいで行われたA4ポスター展の取り外しに、

運営委員が集まりました。

あとでまたゆっくり今年の『安曇野スタイル』を振り返ろうと、解散しました。


安曇野へ来てくれた皆さまどうもありがとうございました!

またお会いしましょう!


DSCF3383.JPG

3日目。

文化の日の今日は気持ちの良い秋晴れとなりました。

柿の木の木漏れ日のもと

工房のオープン準備です。

DSCF3384.JPG

工房裏から見えます有明さんも気持ちよさそうに

たたずんでいます。

DSCF3388.JPG

お庭では、子どもたちがお母さんといっしょに『ほっこりカード』づくり。

秋晴れのもと、和やかな時間。

子どもってはんこ好きだよね~。

「あー楽しかった!」と子供たち。

DSCF3390.JPG

大人の空間を作った奥の間では、

親子で『瑞風のやさしい篆刻教室』に参加。

字書の中には面白い字がたくさんあるんです。

親子で協力して、個性的な印のできあがり。

はじめて仕上がった印はまた格別です。

のはずです。


会期中は注文印も受け付けております。

只今納期まで2週間~1か月ほどいただいております。


遠方から、安曇野スタイル目当てに連泊されている方も多くみられました。

明日もう一日、安曇野を満喫していってくださいね!


DSCF3359.JPG

1日目。


どんな展開になるのやら初めての工房展。

どんなかたがいらっしゃるのやら?

気持ちは、


ドナタサマモドウゾイラシテクダサイ。


誰も来ないかな~。

想像以上にいっぱい来たらどうしよう?

などと考えたりして。


遊印を作ってみたい!体験したい!

と開催前にアチラコチラで耳にしたもので、

まずは、『瑞風のやさしい篆刻教室』をセッティング。

静かにじっくり印の世界に入っていただくことに。


お気に入りの器も使っておもてなし。

浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんにて買い揃えたものです。


DSCF3366.JPG

2日目。


昨日は、風が強く、雨もあたる。

そんなお天気。


イーゼルにつけた看板が倒れたり、ポスターがどっかへ行っちゃったりで・・・・。

工房オープン前に、案内看板補修しに行ってきました。

これでこの道を曲がっていただけるはず?

DSCF3374.JPG


看板を無事発見し?

工房オープン早々に、本日最初のお客様が無事到着されました。


庭先のもう一つの体験コーナーでは、

『オリジナルほっこりメッセージカード』づくり。


子どもさんにも簡単に楽しめるものをと考えました。

個性がキラリと光りますネ!


大人の空間、子どもの空間を行き来しながら、2日間を終えました。


展示空間もつくり、いつもの注文印も受付けしております。

まわりの方々にも助けていただきながら、ナントカ2日間を終えました。


明日はどんなかな?