ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2012年6月アーカイブ

DSCF2595.JPG
ひつじ屋さんで、食べられるカレーです。

安曇野産無農薬有機栽培玄米と3種類の豆カレー。

略して安産カレー。

ご主人が仕込んでいるこちらのカレーは、玄米と合わさり濃厚な味わいで、

おなか満足、そして後味スッキリ!です。

DSCF2596.JPG

そして、安産カレーのもうひとつの言われは、

このカレーを食べると、するりとお子さんが生まれることからきています。

地元のママたちの間では評判なんです。

DSCF2599.JPG

ひつじ屋さんの軒先では、ツバメが巣をつくりせっせとヒナにエサを運んでいます。

その下でカレーをパクリ。

DSCF2600.JPG

わたくしも軒先に巣をつくりました。

パラソルや看板もお借りできました。

岡本さんありがとうございました!

毎日、夏のような暑さの安曇野の6月下旬です。

DSCF2607.JPG

日中の空模様。

DSCF2612.JPG

自宅の庭に子供が放置したアクリルの水槽に水が溜まり、

そこに昨日から住み着いたアマガエルくん。

雨が恋しいね。

本日は、お休みします。

ひつじ屋さんの定休日にともない、今日は、わたくしもお休みします。

定休日ではあったのですが、お店は今日開いているそうなので、

もし近くにいらしたら、寄ってみてくださいね。

印のオーダーは明日よりまた受付します。

 

本日もご来展いただきましてありがとうございました。

時を忘れてたくさんおしゃべりしました。

いつものことながら、たくさんのアドバイスもいただきました。

ひとつづつ温めて、次に、また次にカタチにしていきたいと思います。

そして、自分が今表現していることが何かしら、だれかしらに通じてくれるといいな~。

と思ったりもしています。

さて、10年前のタイムカプセルを開けてくれたお客様。

日曜日の新聞を見て、来てくれました。

当時わたくし28歳、結婚前。

東京ディズニーリゾート内イクスピアリのワゴンショップにて遊印の制作を日夜行っていました。

そんな時に松本からご夫婦でいらして、目の前を通りがかりに遊印の注文をしてくれたのです。

そして、その時に彫りあげました遊印を2つ持ってきてくれました。

ご夫婦で、ご依頼いただいた似顔印。

DSCF2581.JPG
こちらは、ご主人の似顔印。

ちょっとユニークに仕上がったので、気分をわるくされるかと思ったのですが・・・

こころよく受け取ってくださいました。

DSCF2582.JPG
こちらは、奥様の似顔印。

ほんとうは、もっとかわいいので、気分をわるくされるかと思ったのですが・・・

こちらもこころよく受け取ってくださいました。

現在、髪型が変わったので印の髪も短くしてほしいと言われたのですが、切れませんでした。

すみません。

10年ひと昔といいますが、ほんとうにいろんなことがあったと思います。

お互いに。

またこうしてお会いでき、お話しできた幸せを感じ、またお会いしましょうね!

DSCF2583.JPG

今日も夕方の空がきれい。


DSCF2565.JPG
自転車での行き返りも様になってきました。

川沿いの道をゆっくりとペダルをこいでいきます。

おかげさまで、梅雨の季節だけれど、晴れの日が3日間つづきました。

こうして、自転車をこいでいると、碌山美術館となりの中学校まで通った日々を思い出します。

DSCF2568.JPG
ひつじ屋さん個展会場に到着です。

壁面には、額に入った作品を星のようにちりばめました。

ハガキサイズの作品とマッチ箱サイズのちいさな作品です。

新作を約20点ほど。

ひとことほっこりメッセージカードは150枚。

この3日間で、たくさんの言葉がひろわれていきました。

DSCF2570.JPG

会場の反対側には、イラストレーター山口マオさんのコーナーもございます。

こちらも片桐さんゆかりの方です。

DSCF2576.JPG
日曜日には、屋外にて引っ越しフリーマーケットが行われました。

古本の中から気になるものを4冊ほど買い求めました。

今なんとなく考えていることがわかりそうです。

この日はわたくしも、屋外に仕事机を出しました。

DSCF2563.JPG

こちらは、初日午後6時ごろの空です。

ひつじ屋さん隣の駐車場から。

DSCF2580.JPG
個展前にタウン情報さんから取材をしていただきました。

3時間くらいお話をしたのですが、限られた紙面にうまくまとめていただきました。

6月24日日曜日の記事です。

長田さんありがとうございました!

DSCF2552.JPG
いよいよ安曇野での初個展です。

ひつじ屋さんは、カフェ、ギャラリー、貸自転車さん、その他ユニークな企画と発信の宝庫です。

なんだかおもしろそうな事や気になる事を、随時行っています。

浦安でお世話になったギャラリーどんぐりころころさんの内装をしました、

きぎ工房の片桐武夫さんが、ひつじ屋さんの内装もしています。

そして壁面にまた片桐さんの額に入れた作品を飾ります。

今回は『遊印とほっこりひとことメッセージ展』ということで、遊印と言葉の作品をたくさん作りました。

もちろん、いつもと同じくオリジナルオーダー印も受け付けます。

受注時間は毎日(水曜はお休み)10時~16時までです。その間は、わたくしも在廊します。

ひつじ屋さんは8時30分~18時までが営業時間です。

DSCF2548.JPG

場所は、JR大糸線穂高駅前に出てロータリーを右回りに歩きすぐ(約1分)です。

DSCF2555.JPG

安曇野市ゆかりの彫刻家小川大系さんの作品も近くにあります。

DSCF2553.JPG

隣接されたひつじ屋さん専用の駐車スペースには、

車が3台ほど止まれます。

個展を見て、お茶をして、レンタサイクルでぶらり安曇野観光もよいですね。

自宅から約5キロ。

会期中は自転車で通うつもりです。

毎日、安曇野観光ですね。

明日は8:30から準備しながらお待ちしております。

どんな方と出会えるかお楽しみの2週間です。

では、明日からよろしくおねがいいたします。


安曇野の空模様

DSCF2540.JPG栗の花がいっぱいに咲いています。

ここのところ、なかなかブログまでたどり着けぬ日々が続いていました。

あっというまに1日が過ぎていきます。

『ひつじ屋さん個展』、『全日展作品応募』、『安曇野スタイル』、

の準備や関するモロモロを本日も同時進行中です。

関係者の皆さまいつもありがとうございます!

梅雨空の安曇野に、いとこから次女誕生のおめでたいお知らせがありました。

その名も『つゆ』ちゃん。

漢字は当て字されていましたが、なかなか分かりやすい名前でグッドですね!

早速、印をつくるとしましょう!

DSCF2533.JPG6月13日(水) 東の山側空模様と麦畑

DSCF2537.JPG昨日、6月18日(月) 頭上の空模様

DSCF2538.JPG同じく昨日、6月18日(月) 西の山側の空模様

DSCF1303.JPG昨年12月19日 フィレンツェの空模様

ここで安曇野を思い出したことを思い出しました。


DSCF2514.JPG

朝8時ころ、西の山側にそって弧をえがくように連なった雲。

安曇野は、まわりを山に囲まれているので、時々このように山に沿って雲が弧をえがいています。

この雲好きなんだよな~。

DSCF2513.JPG

こちらは、栗の木の枝の切り口に張り付いた蜘蛛です。

なんだかピッタリで面白い!

今日は予定変更で、このまま自転車で安曇野をめぐることにしました。

DSCF2523.JPG

おもちをついてる道祖神。  穂高神社にて。

DSCF2527.JPG

葉の間からこぼれた日差しと葉の色がとてもきれいです。  穂高神社にて。

DSCF2524.JPG

ものぐさ太郎が、出兵し功績を残して戻ってきて穂高神社をつくったそうな。

DSCF2531.JPG

その他、気の向くままに周遊し、田園のその向こうへ戻ります。

おみやげに、柏矢町駅のとおりのおおほりさんでフルーツロールケーキをお土産に買い

ただいま家族で美味しくいただきました。

さあ、引き続き作品制作を。

寒くなったり、暑くなったり、いそがしい天候です。

そろそろ梅雨入り間近かな?

今日は、3回目の安曇野スタイル参加者説明会が開かれました。

第8回目の今年は、115件の参加申し込みがありました。

みなさまどうぞよろしくお願いします。

今年の安曇野スタイルのイメージが決まりました。

DSCF2508.JPG

安曇野在住で週刊新潮の表紙絵を描いています成瀬政博さんの作品です。

いろいろな色の色鉛筆が、カラフルな雲の空に塔のようにのびています。

たくさんの個性的な工房、アトリエ、お店、美術館が点在する安曇野。

集まるとなんだか楽しそうです♪

DSCF2510.JPG

裏面は、こんな感じです。

メインのガイドマップ制作はまだこれからですが、

こちらのチラシを少しずつ、まずは、身近なかたからお渡ししようと思います。

柿の木の下で印材づくり

DSCF2477.JPG

見上げると柿の木の葉がぎっしりと茂り、太陽のひかりをさえぎっていました。

昨日は1日、その下のガレージにて印材づくり。

DSCF2482.JPG

卓上の電動ノコギリにて、程よい大きさにカットしていきます。

イチイの木と桜の木をカットしました。

DSCF2479.JPG

今日は、このくらいでカットは修了。

いくつくらいできたかな?

DSCF2480.JPG

次は、ベルトサンダにて、面を平らに磨きます。

DSCF2481.JPG

こんな感じに仕上がりました。

このあと、腰をしっかり伸ばして、終了。

できた印材に、明日、印が刻まれるかもしれませんし、1年後、10年後かもしれません。

気の遠くなる仕事だと庭仕事をしていた向かいのおじさん。

コーヒーを持ってきてくれました。

DSCF2485.JPG

今年、どんぐりさんで求めた平さんの器にアイスコーヒーをそそぎ、涼をとりました。

白くてがっちりとした器には、古代の文様がほどこされています。

この夏、大活躍しそうな平さんの器です。