ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2012年4月アーカイブ

草と遊印と篆刻

DSCF2229.JPG

ちょっと知らない間に、ふきがこんなに大きくなっていました。

春は、花や草、木々が芽吹いて、毎日の表情が変わりとてもおもしろいです。

昨日まで知らなかった雑草の名前を知ったとたん、

とても素敵に思えたり。

DSCF2222.JPG

さてこの草の名はなんでしょう?

子供のころから当たり前のように目にし、どこにでもあった草。

調べたところ、「風草カゼクサ」というそうです。

少しの風にも揺れ動くところからこの名前がついたようです。

確かに、ほかの草はぴんと立っているのに、この草だけ揺れていました。

根っこは地中に広く張り、非常に強いとありました。

抜こうとしてもなかなか抜けません。

DSCF2215.JPG

おー久しぶり!

と懐かしい友より、遊印のご依頼がありました。

いっしょに活動することは、最近ではなくなってしまったのですが、

それぞれの道でがんばる仲間です。

田中太山さん愛称ぼうずさん。

色紙サイズの名前の詩から、スケールの大きな大作まで幅広く手掛けています。

来月には、書籍出版とドイツでの展示会を控えているそうです。

出会ってからは、私の遊印をずーっと作品に使い続けてくれています。

ありがたいです。

今回は、新たに2本ご依頼いただきました。

上の画像は、そのうちの1本です。

DSCF2231.JPG

篆刻も全日展出品締め切りが近づいてまいりました。

自分なりに篆書文字を創作し緻密に積み上げていくのですが、

単純、簡単にみえて、おもしろく深い仕事です。

ただ線を書いて彫って捺すという単純な仕事なのにね~。

上の画像は7センチ角の石材に刻したもの1点と印稿4点。

印稿でひたすらデザインを練り上げます。

ゴールデンウィーク前にもうひとふんばり!

桜満開

安曇野の桜が満開になりました。

日曜日は、肌寒く、雨もしきりに降っていたので、開花がもう少し遅れるかと思ったのですが、

風雨に負けず満開となりました。 小学校の桜です。

DSCF2210.JPG

菜の花やなずな、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリなんかもたくさん咲いています。

昨年、「おひさま」の撮影で有名になったという場所が近くにあるというので、

行ってきました。

DSCF2209.JPG

遠くに、常念岳、手前に道祖神と桜の木2本、手前にナズナ畑。

ちょっと出きすぎ?人工的?な感もあります。

DSCF2096.JPG

以前、制作にとりかかった画像をブログにのせたのですが、こちらが完成品です。

爪のような木片は、ボールマーカーになりました。

プロゴルファーの井上項音士さんから、2,3年ぐらい前に、ご自身のサインを頼まれていたのですが、

やっとこサインも完成。

サインは、"K"の文字に、音から連想した音符をからめて筆記体のように仕上げました。

ボールマーカーは、優勝をと願いを込めて、手元にあったイチイの木を使いました。

ひとりで戦うスポーツなので、お守りにも良いのではないかと思っています。

気持ちを楽にしてファイト!

項音士さんのお母様よりご了承いただきましたので、ブログ掲載いたしました。

いつもありがとうございます。

桜2分咲き

お兄ちゃんの通う小学校の桜はまだ2分咲きぐらいです。

昨日まであたたかな日が続きましたが、今日はまたちょっと肌寒く感じます。

お花見はもう少しおあずけかな?

DSCF2178.JPG


今週初めに畑のちょうど良いと思われる場所に梅の木を植えました。

昨年はひょうたんの種をまき、収穫、種出しまでして、たいへんだったな~。

ちなみにその種は今頃各地で撒かれ始めている?はずです。

今朝、梅参りにいきましたら小さなクモが巣をつくり、しっかりと獲物も巣に引っかかっていました。

やったね!

DSCF2190.JPG

障子張りも、建具5枚ほどしたのですが、足掛け3日かかりました。

昨年は、建具にきれいに張られた障子に大胆に書を書かせていただいたのですが、

張っていただいた方、あらためてありがとうございました。

DSCF1145.JPG


おととい、安曇野スタイルネットワーク参加説明会も無事終了。

皆さんの個性的な活動を是非知りたいなーと思っています。


昨日今日と、印の制作にぎゅーっと入ってきましたので、引き続き没頭します。

個展時注文印制作状況

個展から一か月過ぎようやっと、ほぼその時の注文遊印が完成しました。

あともう少し。

どんぐりさんでもお渡しが進んでいることと思います。

個展後の追加注文もあったりでうれしかったです!

何かございましたら、どんぐりさん若しくはわたくしの方でもご一報くだされば、

対応させていただきますのでよろしくおねがいします。

本日午後は、深層筋治療院へ行きそのあとは、ぶらり穂高めぐりをしました。

来週は天気と時間と相談しながら、襖と障子の張り替えをしようと思っていますが

さてできますでしょうか?


お宝発見!

DSCF2169.JPG

                        測量  小6  望月信幸

わたくしの作品の原点ここにあり。

おばが引き出しにしまっていたそうで、そっと渡されました。

実にうまい!とはいいがたい。

当時、言うまでもなく字を褒められたことはありませんでした。

この字をジーっと見ていると、

今のわたくしの作品の字がなるほど!と理解できるのであります。

どうですか?

DSCF2172.JPG

今日も、ほぼ予定どうりに印の仕事はすすみ、夕刻は子どもと遊びそして野良仕事。

つくしがこんなところに出ていたよ。

子どもたちは、その近くを知らずに走り回っていたのですが、

踏まないんですよ。

不思議です。

DSCF2174.JPG

おとなりさんが軽トラで野良仕事帰り。

自宅に帰ったかと思いきや、もどってきてカエルをあげるから家においでと招かれました。

うちの子近所の子とわたくしと4人で訪ね、カエルを1匹いただきました。

図鑑で調べましたらトウキョウダルマガエルと判明。

長野県では北部、中部に分布するそうです。

DSCF2170.JPG

そうこうしているうちに日は暮れていきました。

遠くに有明山


春らしい日

今日の予定は久しぶりにスムーズに進み、スッキリ!

いつもこのように行くといいな~。

午前中は自室にて遊印の制作をすすめ、

午後は外での注文品制作。

そのあとはタイヤ交換をしました。

近隣では、田おこしが進み、水が張られた田も見られるようになってきました。

鳥の声も春らしく。

長野の桜開花は遅れているようで、もう少し先のおたのしみです。


キジを追って

DSCF2131.JPG

裏の畑の端っこの草陰に、なにやらそれらしきものが・・・。

みどり色の物体は、ポリ生ごみ入れです。

このままカメラを向け、追っていきました。

今回は、鳴き声が聞こえませんでした。

人家に近づくときはきっと、見つからぬように鳴かないのですね。

DSCF2132.JPG

草陰から出てきました。

エサを探しついばみながら、向こうのほうへ歩いていきます。

何を食べているのかな?

うしろ姿もまたけっこう。

DSCF2135.JPG

横を向きました。

立派なオスのキジですね。

まるまる太っています。

ん?

DSCF2136.JPG

キジのメスが、あっちのあぜ道から来て合流しました。

冬の間、このへんで巣をつくり暮らしていたんですね。

ということは、もうすこししたら卵からかえった雛がみれるかもしれません。

それでは最後に、

DSCF2137.JPG

はい、チーズ!

古材と向きあう

DSCF2122.JPG

今日は、寝かせてあった注文品と、これまた寝かせたあった古材と向き合いにらめっこ。

まず古材をひっぱりだし、積み上げて並べて、さてどうしましょう?

依頼内容は、さて何でしょう?

はじめてとりかかるものは、面白くもありますが、イメージと技量と時間の問題もあったりなので

納期はちょっといただいてます。

DSCF2124.JPG

前の職人さんが仕事をした後に、ノミを入れました。

中でかたまっていた松やにのにおいがホワーンと香ってきました。

さてイメージどうりいきますでしょうか?

午後3時くらいまで古材をいじり、

おなかがすいたので、穂高の旧道沿いにオープンしたお店、ほたか野の花"ダ・モンデ"さんに

たいやきを買いにいきました。

閉店前の最後の5個をおみやげに持って買ってきたらあっというまに無くなりましたよ。

また買いにいきますね!

入園式ときどき篆刻

DSCF2101.JPG

本日は、次男君の入園式(ウチは昨年からの進級です。)にいってきました。

昨年、この時期に安曇野に引っ越したのですが、

次男君の受け入れは、5月の中旬ごろになってしまったので、入園式に参加できませんでした。

今年の入園式が次男君にとっての入園式と晴れて仲間入りの気分です。

あたらしいクラスや、雰囲気になじめぬようで半べそかきながら

無事、入園式を終えました。

DSCF2120.JPG

午後は、篆刻の松岡先生の庵へ。

2月下旬から3月末まですっかりご無沙汰をしてしまったのですが、

また6月の出品締め切りまで篆刻作品の制作を再開します。

この蔵の中は非公開です。

あたまを抱えながらそれぞれ篆刻に向き合っています。


4月の元気くんかれんだーの言葉は「それぞれの道」。

望月家も家族6人それぞれの道に改めてあらたなスタートです。

ほんと、それぞれやっている望月家ですよ(笑)。

みんな好きにやっているもんですから、気になることを指摘しても

まったく説得力がないのです。

そんなもんだ。


DSCF1577.JPG

仕事場にいると鳥の声。

ひときわ気になる甲高い声の主は、キジ。

ほとんど毎日のように聞こえるのですが、姿はなかなか見えません。

昨日も何度もキョロキョロ探したのですが・・・。

たった一回きり、写真に納まりました。(今年1月の中旬くらい。)

美しい羽色ですね。

姿をかくしておかねばならない理由もよくわかります。


昨日の市民タイムス(安曇野のローカル新聞)に

安曇野スタイルネットワーク参加説明会の記事が小さくのりました。

見逃してしまった安曇野在住の方で参加説明会出席ご希望の方は、

    とき  4月18日(水) 10時から

    ところ  安曇野市穂高交流学習センターみらい

    たいしょう  安曇野市、池田町、松川村で活動されている方々 

「安曇野スタイル」という工房やギャラリーを一斉公開する秋の催しの参加説明会です。

今年は11月1日(木)~4日(日)の開催となります。

わたくしも初参加します。

気になるかたは、ぜひ。


春休みもそろそろ終わり

DSCF2089.JPG

まだまだ雪が降り積もる常念岳ですが、

里はすっかり春らしい日になりました。

そろそろ春休みが終わり、子どもたちは学校へ行きます。

準備してるのかな?

DSCF2091.JPG

あたたかな日は外仕事!

材木をカットして、アレを作るとしましょう。

なんだろう?

なんでしょう?

DSCF2095.JPG

すずめのようにも見えるし、

爪のようにも見えますね。

どなたの依頼品かな?

今しばらくお待ちくださいませ。

遊印の外のめずらしい注文品です。


注文印が少しずつ、ご注文主様の手に渡っていきます。

それにともない少しずつ肩の荷も降り・・・。

お手元に印が届き、お気づきのことなどございましたら遠慮なくご一報くださいませ。


今年の展示会の予定ですが、

6月~7月の2週間を安曇野のひつじ屋さんで。

11月上旬は安曇野スタイルで期間中のみのアトリエ公開。

そして11月下旬は、浦安のどんぐりさんで今年2回目の展示会を予定しております。

12月にフィレンツェから今年もお誘いがあったのですが、今のところ保留中です。

と今のところこんなかんじです。

またはっきり決まりましたらホームページの予定表に書き込み、

ブログでご案内いたします。

まだ残る注文も引き続きやるぞー。