ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2011年11月アーカイブ

安曇野は、ここ2,3日前から冬らしい寒さがやってきています。

常念岳は毎日すこしづつ雪をかむりその姿を変えてゆきます。

急な寒さで我が家は3名のカゼッピキがおります。

ちなみに「〇〇はカゼひかない」という〇〇にわたくしは入っているようで・・・。

皆様風邪なんかひいておりませんでしょうか?

今週は、11月上旬までの注文の品をやるぞー!っとやっておりました。

今週から、来週始めごろにはお手元に届くと思います。

おまたせのかた、そろそろです。

私のパソコンが起動しなくなってしまい、ここんとこ借りながら対応しております。

ブログもお久しぶりになってしまったかな?

11月も気づけばあとわずか。

元気君かれんだーも気づけばあとわずか。

ありがたいことです。


           

       

おかげさま

立冬を過ぎましたが、安曇野らしい寒さはもう少し先のようです。

紅葉も寒暖の差があまり無いのと寒さが今ひとつのためか、

きれいな紅葉が観られないと、あちらこちらで聞かれます。

遅くなりましたが、『安曇野スタイル』『民家フォーラム』で

お世話になった皆様ありがとうございました。

おかげさまで私も長野の、そして安曇野の一員となれたようでうれしかったです。

本日も、それを追うかのように全日展で『長野県知事賞』という立派な賞をいただきまし

て、よりいっそうの喜びを感じています。

浦安から引っ越してやっと一歩出た感じがしています。

『民家フォーラム』が終わってから、その時お世話になった方から問い合わせがあり、

私の作品が60点、被災地の宮城県へ届けられることとなりました。

今頃、被災地に到着し作品が皆様のお手元近くにあるかもしれません。

微力かもしれませんが、復興の手助けになることを祈っています。

そして来月はイタリアフィレンツェにイベントを兼ねた遊行にいきます。

現地で企画されている方々どうぞよろしくおねがいします。

本日は、高橋節郎記念美術館主屋にてご案内係をしていました。

オープンからたくさんの人が行きかい、楽しんでいかれました。

作家さんの数もそうですが、関心のあるかたが多いのも改めて感激しました。

あと2日会期がありますので、気になる方はぜひ行ってみてください。

DSCF1159.JPG

私は明日より『民家フォーラム2011in信州』の会場に移ります。

こちらもどうぞよろしくおねがいします。

これから明日の準備。

がんばるぞ~。


DSCF1158.JPG

どちらへお出かけですか?

「安曇野スタイル2011という催しが

   このあたりで行われていると聞いたのですが・・・」

明日より安曇野一帯ではじまりま~す。

私は、明日より高橋節郎記念美術館主家にて作品参加がありますので、

午前中から準備と顔合わせにいざ。

DSCF1157.JPG

穂高の駅前を通り過ぎ明科方面へ。

(電線が多いですな~。)

DSCF1148.JPG

会場は、高橋節郎記念美術館のおとなりの

節郎さんが生まれ育った主屋の古民家です。

なんとも贅沢な会場に安曇野在住20名ほどの作家さんが大集合。

テーブルあり、お膳あり、うつわあり、ガラスあり、鉄あり、かごあり、織りあり、

野菜あり、ジュースあり、染めあり、書あり、遊印あり、エトセトラ。

みごとに調和いたしました。

DSCF1153.JPG

奥の間は4部屋にくぎられ、朝昼晩の食卓のあつらえがしてあります。

安曇野で生活を送る方への暮らしのご提案。

なにか気になるものがあるかもしれませんよ。

気になるものがありましたら作家さんのご紹介、工房のご紹介いたします。

私は4日(金)ご案内係をしています。(遊印の仕事をしながら。)

実はほとんどの作家さんと本日初めてお会いしたので、

うまく説明できるかわかりませんが、精一杯やりたいと思っています。

よろしくおねがいします。


柿もぎ書き時

そろそろ清々しい寒さがくるのかと思いきや、まだ暖かな陽気が続いています。

このころ霜が降りると柿の葉がはらはらと落ち、柿ももぎ時を迎えます。

今日より11月、霜月というぐらいですから、いよいよでしょう。

庭の柿は、先週より少しづつもぎ始めています。

去年は50個ほどしか生らなかったそうですが、

今年は、1500個以上はついているのではないでしょうか?

DSCF1127.JPG

昨日の午前中は、3人がかりで柿の実をとりました。

雨上がりの柿の木は、よくすべるので注意が必要です。

枝も折れやすかったりしますから、登る際はくれぐれも気をつけて・・・。

DSCF1131.JPG

500個ほど取れましたでしょうか?

柿の実は、親戚やご近所に少しづつ分けられていきます。

柿の実食べると医者いらずと言われているそうです。

庭の柿は渋柿なので、焼酎づけにしたり、干し柿にしたりしていただきます。

DSCF1123.JPG

一昨日、今週末行われます民家フォーラムの看板用の建具が届けられました。

全部で8枚。

ならべたら、高さ1,8メートル、横5,5メートルぐらいありました。

まずは、じーっとながめて構想を練ります。

ふむふむ。

イメージがわいてきましたよ。

道具を買いにいざ!

午後はそのまま制作開始といきましょう!

DSCF1135.JPG

ちょっと曇ってきたな~。

始めだしたら止まらないので、そのまま続行。

午前中は柿の木の上で、そして午後は柿の木の下で。

まずは、ブルーシートをしいて、建具を横にならべて、準備完了。


仕上がりは当日の民家フォーラム会場で、お披露目いたします。

書き終えて、墨の乾くのやにじみを見ていましたら、雨がぽつぽつ。

作品に潤いを与えてくれました。

で、急いでとりこみました。

めでたし、めでたし。