ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2011年6月アーカイブ

涼しい朝

昨日の暑さは例年になく、カラダもびっくり。

体調管理がむずかしい今夏となりそうです。

本日はすずしい朝をむかえ、カラダも少し落ち着きました。

印づくりもはかどりますかな?

6月の終わりに向けて

ここ何日かは、晴れたり曇ったり、雨が降ったりやんだりの、忙しいお天気です。

今月中のしめきりにむけて、製作の毎日。

全日展の出品にもナントか間に合いそう。

毎年実は間に合ってないのに、間に合わせてもらっているというのが、

本当のところかもしれませんが。

体が固まってきているので、朝から体操をしています。

本日は、書の落款製作とまいりましょう。

しあわせの音

昨日夜は少々寝苦しく、本日も蒸し暑い陽気となりそうです。

体の調子を整えながらやるとします。

先週少しご紹介したミュージシャン石岡雅敬さんのアルバムに入っています

「しあわせの音」という曲。

私が作詞をしています。

どこかで歌詞を紹介しようと思っていたのですが、

この場をかりてご紹介したいと思います。

考えたというよりも、するすると出てきたような歌詞です。


              しあわせの音


         しあわせの音が 聞こえてくるよ

         どこから聞こえてくるんだろうか

         遠い山の向こうから
       
         それとも海の向こうから

         どうやらとても近くらしい

         その音はなんだか切なくて

         とても優しくて

         こわれそうな音だけど

         とてもしあわせなメロディー


 
2年前の個展で偶然できた曲。

気になる方は、アルバムを聴いてみてください。

         「旅の途中」 石岡雅敬  

浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんでもお買い求めいただけます。


本日は篆刻からまいりましょう。


        


本日は晴天に恵まれ暑い一日になりました。

明日より雨が続きそうなので、昨日に引き続き外での仕事。

あつかったな~。

明日は自室へと場所を移して創作予定。

浦安で、夜の部を満喫したせいか、ちょっぴり太ったようです。

ミュージシャンの石岡さんのように毎日4キロぐらい走れるといいのですが、

せいぜい400メートル&細切れストレッチ。

すわり仕事が多いから、すこーし意識して運動しようかな?

本日は、やや風の強い厚い曇り空の下で彫刻刀をふるいました。

明日も引き続きやるぞー!


日差しあつく、風すずし

浦安の小さなギャラリーどんぐりころころさんでの個展開催も無事に終了いたしました。

何年ぶりかにお会いできたかたもいらっしゃって、うれしい会期となりました。

今年はもう一度原点を考えさせられるような出来事に遭遇し、そんな中で老子さんの

言葉がとてもカラダにスーッと入って、それを忘れないように印に刻みました。

すこし、おもい、かたくるしいイメージがあるかと思うのですが、

わかりやすく面白いですよ。

気になる方は、1度ふれてみてください。


  参考文献

      タオ 老子  加島祥造  ちくま文庫 640円+税

      図解雑学 老子  蜂屋邦夫  ナツメ社  1400円+税

しばらく印づくりの日々をおくります。

        

老子を彫る展、閉会前夜

みなさまどうもありがとうございました。

毎度のことながらたくさんの方がかかわっての個展開催。

1日1日が次への第一歩そして明日の最終日を迎えます。

今日も充実の閉会前夜。

老子さんをとおして、たくさんの方と会い、たくさんのことを教わった、

そんな気がします。

2500年前から続く老子の言葉にもう一度ふれ、

明日の朝に向かいます。

ナニカノチカラ

本日は開店20分前よりお客さんご来店からはじまりました。

ひとり増えふたり増えそしてもうひとり。

その場で初めて会った方々で、共通の何かが動き出し、

会話と作品が行きかいました。

にぎやかに、そして皆さんが満足し、帰られました。

めでたし。めでたし。


そのあとは、貴重な製作時間と机周りの整理の時間。

そうしているうちに、雨がつれてきた涼しげな風が、

つかれた体をととのえてくれました。


そんな時にまたひとり。


うまく呼吸ができたそんな1日でした。

居心地が良いのはなぜ?

本日も人が絶え間なく行きかうどんぐりさん。

どうやら何かあるらしい。

いつも風がふいているからかな?

ゆっくりゆったり、どんぐりさんの風。

最後のお客様のお話の途中からひとつ印を彫ってみることに。

自分用の自由印。

さてどう使いましょうか?

本日の日めくりカレンダーに掲載しました。


本日もありがとうございました。

今日も思いがけずの方々とお会いしたり、お話したりの1日を過ごしました。

夕方からはUスタイルという浦安発信のミュージックライブにでかけてきました。

本日のゲストは浦安市在住のすわ親治さん。(ドリフターズ第6の男)

ひとり芝居とギターにのせた替歌や持ち歌に笑いと感動の1時間でした。

ナビゲーターのひとり石岡雅敬さんのCDアルバム「旅の途中」の題字と7曲目の

「しあわせの音」の作詞をわたくしがしておりまして、

ライブの最後に会場のみなさまに、ご紹介していただきました。

どうもありがとうね!

ライブ帰りには、食べて飲んで、散歩して。


本日もぐっすり眠れそうだ。


この場所はおもしろい

本日もご来場ありがとうございました。

今日はオープン前お向かいのお蕎麦屋天哲さんで、ラーメンをいただきました。

なぜお蕎麦屋さんでラーメンなのかって?

気になったから!

お蕎麦をいただいているようなラーメンでしたよ。

ゆっくりと月曜の1日をすごし、夕方には申し合わせたかのように、

そうぜい8名勢ぞろい!

そのまま、おでんのひげでんさんへ、なだれ込み、

それぞれの分野のそれぞれのお話がいきかいました。

まことに毎日どう展開するのかわからない日々。

どんぐりさんは、たくさんの方が行きかうギャラリーを超えたおもしろさがあります。

他のギャラリー経験ないので想像ですけどね(笑)。

明日もまた何かあるよ!


次はどなた?

ドアを開けた瞬間が楽しみなギャラリー空間。

待つ側も、ご来場者も。

本日もゆっくりと時が流れる中で、ゆっくりとお客様をお迎えできた気がします。

小さな場所で、ゆっくりと、やわらかで、静かな時をつくる。

老子さんも喜んでくれているに違いありません。

というわけで、

明日もおたのしみ。


午前中は雨降りだったので、午後もてっきり雨だろうという予定ははずれ、

お客様も足を運んでくださる曇り空となりました。

気がつけば開店間際にお花が届いたのを皮切りにお客さま途絶えずのみっちり閉店まで、

それから、行徳のライブハウスへ向かい浦安在住のミュージシャンと交流してきました。

彼らの音楽を聴きながら浦安を懐かしみ。

こうして、離れることでまた近くなる感覚ってあるもんですね。

来週火曜日にまたお楽しみができました。

どんぐりさん、はんぞうさん、石岡雅敬さん、洋一郎さん、その他お話できなかったミュ

ージシャンの方々、みなさんありがとうね!


また明日。

雨の音とともに

昨晩から、こちら浦安は雨が降っています。

雨の音って不思議と心地よく、よーくねむれました。

途中1回蚊にさされて起きたけどね(笑)。そしてクスリを買いに行き・・。

寝ないとやっぱりダメね。

そして、雨といえばハンコの日。

雨の日がまた、ハンコを刻むのに最適で。

これまた静かにここちよく集中できるんです。

昨日は、夕方まで入れ替わりでお客様がいらっしゃって、会話もはずむ1日でしたが、

本日は、彫り台をととのえて少しハンコをいじろうかとおもったりして。

そうだ、ハンコを彫るという表現、今回のテーマのお話を、ギャラリーのオーナーさんと

しているときに、彫るというよりは刻むというほうが適切かもということに。

私も納得。

ハンコの内容で浅くも深くもなる遊印、篆刻。

この浅さと深さが魅力のひとつでもあります。


すこしずつ開店準備とまいりましょう!

おかげさまで展示会初日をむかえました。

正直、なかなか作品制作のリズムに乗ることができず、

震災のせいにしてみたり、引越しのせいにしてみたり、なにかのせいにしながら、

準備をすすめました。

今回のテーマの老子は、そんならそれで無理せんでええというそんな教えが

入っていたりします。

それでも、そのまんまでいたら何もできずに終わってしまうのでは?

と不安な要素もあるのですが、体の動くになるべく任せて。

少しでも老子の言葉を内に入れたいという思いで、刻んだ老子語の展示会。

自分ごと優先ですすめたものですから、さてどんな反応がありますか?

半分は遊印をそろえましたので、どちらからでもお好みでどうぞ!

ゆっくりと展示会をすすめていきたいとおもいます。

ナントカはじまりそうです。

安曇野を出発するギリギリまでぎゅぎゅぎゅっと詰め込んで。

今回は、陶の平厚志さんが協力してくれまして、遊印を入れる楽しい器を同時に製作、

展示してくれています。

であったときには、まさかこのような感じでいっしょにできるとは思いませんでした。

いつのまにやら、2人ともおじさんになり・・。

さて、9日間どう楽しもうかな?

期間中は在廊いたします?

いや

在住?


みなさまお待ちしております。

アトリエ青天井

本日は、カッコウの鳴き声を聞きながらとアリさんのお散歩を眺めながら、

青空の下で印材作りをしました。

朝起きた瞬間に今日やること3つ決めたのですが2つまで。

明日に持ち越します。


個展まであと3日。

なにのせい?

今日は、すこし暑いくらいのお天気でカッコウと、となりの犬が鳴いています。

こちらは、ゆっくり時がながれ、それにさからい仕事をすることが苦であります。

そして、この時間や環境やお天気などを楽しまずして、あ~もったいない!

いいわけしながら、個展まであともう少し!

あせらず、いそげ。

遊印と篆刻

本日も曇り空でポツポツと雨があたっています。

個展と全日展の作品制作のため本日も、はやる気持ちをおさえゆっくりと

まいろうとまずはブログにむかいました。

遊印と篆刻

私なりに、この2つのスタイルを住み分けながら作品制作をしてきました。

遊印は、より自由なスタイルで作れるように、

文字あり、絵あり、住所や似顔絵、なんでもあり!

材料は木を使っています。

篆刻は、書の分野であり、篆書体を基本とし字を組み立て

いわば、決まりのなかで表現するというルールがあります。

材料は石材を使います。

遊印は、老若男女どんな方でも親しめるよう、

篆刻は、書、絵画などの芸をするかたに専門的なものをと。

はじめたころから、両者を同時に蛇行しながら進んできました。

蛇行しているうちに、幅も広がり、両者が徐々に融合したスタイル(よりオリジナル)

になってきたように思います。

6月のどんぐりさんの個展では、遊印と篆刻は別々の区分けでご覧いただきつつ、

ご注文印のご相談にも幅広くお応えしていきたいと思っておりますので、

よろしくお願いいたします。


本日は篆刻よりの一日になりそうです。


まぁお茶でも一杯

6月がはじまりました。

今月の元気君かれんだーの言葉は

「まあお茶でも一杯」

わたしの場合は、コーヒーのほうが多いな~。


5月はじっくり向き合って、

ここらでちょいともういちど、「まぁお茶でも一杯」な感じです。


ビートルズ、レットイットビーを聞きながら

どんぐりさんでの個展DM書き始めました。

今回の個展のテーマとなんだか共通点があるな~?