ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2011年4月アーカイブ

GWスタート!

朝から気持ちよく晴れました。

1年で一番良い気候だといわれるGWのはじまりです。

家族のリクエストを聞きながら、

本日は安曇野ドライブということになりました。

きまぐれ安曇野ロードって感じで(笑)

あっ!

畑によばれたのでこの辺で。

みな気まぐれで・・・。

大雨、大風あけ

大風と大雨あけの今日。

気持ちの良い朝を迎えました。

本日は、外のガレージでの印材制作。

浦安では、ベランダへ出て音を気にしながら、

チューン♪チューン♪とベルトサンダをかけていたんですが、

こちらでは、気にせずウィーン!ウィーン!という音をたててやっております。

昼間は風がありましたが、あたたかい1日でした。

夕方には冷たい北風がふき、今日のガレージでの制作は終了です。


こちらの小学校ではインフルエンザがおおはやりで、

学級閉鎖になったりしています。

みなさま、体調にお気をつけくださいませ。

今、取り掛かろうとしています、はんこ?

が、いつものはんこより大きなもので、

でもこれは、はんこ?なのか、はんが?

なのか?

どちらでも、まいっかー!

さてどんな仕上がりになりますかな?

Ⅴターンとは?

こちら(安曇野)へ来て、1ヶ月ちょっと経ちました。

なんだか地元なのに、まだよそ者気分でして・・・。

話の中で、地元なんですよね~なんて出てきますとああそうだった!

と思い出します。

地震後は、これが疎開の気分か~と感じながら、でどうするんだ?と

問いかける毎日でした。

予定している転居なら、気持ちも違うのでしょうが・・・。

これってUターンじゃなくVターンですね。

なんて話をメールでKさんにしましたら、

Ⅴictory Turn  ってことですか?(笑)

なんて、うまい切りかえしが返ってきました。

さすが!です。


本日も新宿の展示会にむけて、少し手をすすめました。


先週土曜日に電話とファックスが開通しました。

あらためまして、よろしくお願いいたします。

やっと少しこちらのリズムに慣れてきました。

少しずつ来週の新宿高島屋さんの出展準備を始めています。

今日もEさんと電話でおはなししたのですが、

浦安から安曇野へ生活の拠点を変えましたもので、

出展!、出展!と今までのような頻繁に顔を出すスタイルは、

体力的にも経済的にも家族的にも難しく、フィットせず、

やりかたを少し変えていかねばなと。

ワークスタイルとライフスタイルをもっとピッタリ気持ちよくするために

日々考えているところです。

出展は減るかもしれませんが、ホームページやDMなどでご案内しますので、
その時にはよろしくおねがいします。

考え方や行動が、無理なく、おたがい気持ちよくできるような・・・。

そういう関係をたくさんつくっていきたいな~。

安曇野といえば・・・

お電話でのごあいさつで、安曇野という地名が出ますと、

安曇野といえば、「おひさま」ですね。と

NHKの朝の連ドラの話題になります。

わたくしも、車で出かけますと観光気分で風景を楽しみながら、

気になるお店や、道の駅にたちよったりします。

本来であれば、もっと観光のお客様でにぎわっても良いはずなのに、

ちょっとさみしいかなと。

今、日々気持ちを高揚させて送るには、なかなか難しいかもしれません。

わたくしも、同様です。

ですが、心をゆたかに送る何かしらの方法はあるはずです。

心を高揚させゆたかにするのは、

自粛しなければならないようなバカ騒ぎでなく

自然を感じたり、音楽や芸術に触れること、

気持ちのいいかたと会話したり、

お料理したり、こどもと遊んだり・・・。

そんなこと。

わたくしは、日々このような生活を心がけ、

こころに元気や豊かさを注入しながら過ごしています。


ちなみに、わたくし安曇野といえば・・・

山、水、空、風、光、田んぼ、はたけ、かな~。

ひとつといわれれば、

            風

本日は、電話線工事が入りめでたく開通予定!

のはずでしたが、

工事は途中までで、延期となりました。

「もしお急ぎでなければ、こうしたほうがいいですよ。」

とのご提案があったからです。

そのあとも、

「こちらで、ぼちぼちすすめて、終わったら帰りますから。」

と、ゆっくり仕事にとりかかっていました。

東北方面への応援にも仲間がいっていて、

現場は、えらいことになっている。

工事は1年以上およぶだろうと。

そんな中で、自分の現場はゆったり自然体で。

こちらも自然と、ぼちぼちやってくださいなと。

そんなわけで、電話開通までもうすこしおまちくださいませ。

地区のお祭り

昨日、今日は五穀豊穣を願っての地区のお祭りです。

昨日は、夜らしい夜の中、山車の引き回し、ビンゴ大会などがありました。

屋台は、スーパーボールすくいと、たべもののお店の2件。
(町内の有志がやってます。)

わたくしも、おいっこ、めいっこ、じぶんのこを連れてお祭りへ。

ビンゴ大会がみんなのお目当てでした。が

だーれも当たらずがっかりして・・・。

そんな中、ちょっと突っ張った青年が当たった景品を、おいっこにプレゼント!

してくれたそうで・・・。

(わたくしは、その青年には合えずじまい。)

おかげさまで、家でまつ、じーちゃん、ばーちゃんに誇らしくワイワイと自慢ばなし。

青年のはからいで、我が家の夜は、たのしく暮れていきました。


元気のみなもと

昨日は、今とりかかっています刻字のつづきをしました。

のみを片手にトントンと無心のなかへ入っていくと、ぽかんぽかんと想いが浮かんできます。

そして、ほどよいころに雑念は消えてゆき・・・。

子どもの声が・・・。

宿題の本を学校へ忘れたと、もういちど2人、自転車で!


しらずしらず、元気のみなもとへ近づいているような気がします。


かきの木を切る

遊印や篆刻には木材や石材を使っています。

私の場合、木材を使うことが多く、であった材はいろいろ試します。

昨日は、先週剪定をした、柿の木を印のサイズに切りまして、皮をむきました。

ちょっと水分が多いので割れてしまう材もあるかと想いましたがそれはそれで、

うまく使ってみようかと。

刻字をし始めたケヤキの板も昨日で3日目です。

そろそろ完成間近です。

刻字ときどき耕運機

先週、とおりががりの材木店を2件はしごしました。

本命の個人さまの材木店は無人くんで、あきらめ、

2件目の材木組合?さまの広い敷地内をうろうろ。

そのうち、一人の作業員さまに呼び止められ、

その方に、かくかくしかじかとお話ししましたら、片隅の倉庫につれていかれ、

「わしが使おうとおもってとっておいたが、あんたにゆずってもええ。」

といわれたので、気に入った材木をわけていただきました。

けやきの1枚板2本。

で、昨日その板に墨を落とし、刻字をしはじめ、本日2日目。

腰もほどよく痛くなってきた午後3時ころより、畑を耕すことに・・・。

10何年ぶりかに耕運機をうごかし、いざ畑へ!

1時間30分ほどで終了し、耕運機を倉庫へ入れましたら、

おむかいのおっちゃんに声をかけられ、いざ温泉へ!

とまあこんな1日でした。

少しずつ・・・

引越し完了後、荷物整理は少しずつすすめています。

地震後も、最低限の材料と道具と注文印は、スーツケースにまとめて動いていたので、おかげさまで仕事はとどこおりなくさせていただいておりました。

こんなときにもうしわけありませんが・・・と注文をいただく前におっしゃっていただくのですが、こちらとしましては、こんなときこそ喜んで!といった気持ちで注文印をお受けしております。

新住所は、携帯電話か、メールで1度ご連絡いただき、その後お伝えしています。

新しい電話、ファックスは4月20日前後取り付け予定です。

浦安の電話は、取り外されていますのでご注意を。

5月から出展先にて、または、お葉書にて少しずつご案内させていただきますので、
よろしくおねがいいたします。


日々のニュースをみながら再出発へ少しずつ前進です。


今日の朝は、あたたかく、強い風がピューっとふいています。

昨日の午前中、浦安からの引越し便が届きました。

すべての荷物をおろすまでに約4時間。

積み忘れてしまったガス台や、積み間違えてしまった自転車

(昨日じゅうに戻していただきました。そして私の自転車は浦安に残ったまま。)

ナド少しの手違いはございましたが、ひとまず浦安からの荷物は安曇野へおさまりました。

浦安の道の凸凹はすこしなおってきたようです。

今春、引越しを浦安へ、または浦安からするかたがたの中には、

足止めを余儀なくされている方も多いと聞きました。

まだまだ気になることは、続きそうですが、遠い未来が良くなることを考えて

今日も過ごしたいとおもいます。


子どものころからさんざん見慣れたはずの

いわばあたりまえの景色のはずですが、

こちらへ来てからの毎日の景色は、

すばらしく新しく。

あたりまえのようであたりまえでないそんな毎日です。


お役所に行きますと、同級生がご挨拶。

消防の人数が足りないから入ってくれないかと、勧誘されたり。

地域の役割も少しずつしていかねばな~。


住民票の転入、国保、印鑑登録などの手続きをすませ
(こちらも同級生が腕をふるってくれました。)、

そして小学校に行き、

すべりこみで、明日の始業式におにいちゃんは間に合いました。

ほっ。


実は、浦安からの引越しは途中でストップしたままなので、

今週やります。


今日とりかかった遊印は、3月に生まれた新しいいのちの印でした。


おたのしみに!


朝と夕の篆刻

4月のはじめの日、篆刻の松岡先生にご挨拶に行ってきました。

90の歳を数えているんですが、変わらずお元気で、楽しく世間話をしてきました。

本日は朝、夕の時間に石に印稿をうつしました。

印稿とは、印のデザインのことです。

今、とりかかっていますお題は


    『括嚢』  かつのう

      意味  ふくろのくちをくくる。

          沈黙をまもる。


 6月の閉めきりに向けて篆刻もピッチをあげていきましょう!

  

  

北から南に抜ける風

部屋の窓をあけますと、

北アルプスからの冷たい風が

ピューっと南の空へ駆け抜けていきました。

肌寒さを感じはするものの

安曇野特有の

すがすがしい気持ちよさです。


昨日は、土地のかたがたにご挨拶がてら

古巣をめぐりました。


こちらに来ても仕事に恵まれることを祈って。


まあこんなもんでええわい!と

いうぐらいの気持ちでおおらかにやっていけたら幸いです。


こどもたちもこの土地でのびのびやってほしいと願っています。


昨日は息子とひょうたんの種を庭にまきました。


晴天!雪化粧。

昨日は雪がふって寒い一日でした。

本日は、近くの山が綺麗に雪化粧、そして美しい青空です。

昨日は、できあがった遊印を近くの郵便局へ出しにいきました。

浦安の荷物のなかにちょっとした備品類も入っていたので、
ホームセンターでプチプチを買ったり封筒を買ったり。

そして、そのまま郵便局へ行きまして、セロテープやハサミやノリをかりて梱包をして、
遊印発送準備オッケイ!

その中に宮城の方の遊印があり、郵便局の方に

「いつもどうりの日程で届かないのと、住所が不明で戻ってくる場合がありますので、ご了承ください。」

といわれました。

そのあとも、もういちど市役所に出す書類提出のため郵便局へ行ったのですが、
田舎の小さな郵便局へ訪れるわずかなお客さんは、
それでも被災地へ届けたいという思いで荷物をあずけていました。


何とかしたいという思いは皆一緒でしょう。


自分の持つ役割をおもって、今日もスタート!