ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2011年2月アーカイブ

ぶらり静岡へ

土日にかけて静岡へ行ってきました。

いちご狩りを目的に、あとは自由!

とまずは、静岡市美術館 棟方志功 「祈りと旅」 にぶつかりいざ!

真っ白で統一されたきれいな美術館でひとときを満喫。

から始まり

帰りは三保の松原で天女の舞を想像でたのしみながら、桜海老のてんぷらそばをいただき、お茶サイダー、あんこが小さなおにぎりのように入っているどらやきを買い込み車内へ。

黒はんぺんも美味しかったな~。


え!いちご狩りはどうしたのかって?


気分でね・・・・。


本日はハンコ日和の雨です。

さ、とりかかろう!

春一番が吹いている今日。

風とともにうれしい便りも届きます。

風は、手紙、葉書、電話やファックス、メールといった形に変わり、より早く確かなものへとカタチや手段を変えて。

良い風が吹いてきた春一番!

これはカタチのない私の感覚です。

今日は誰に風が届くかな?

高島屋柏店での遊印会も無事終了しました。
昨年の方がまたみえられると、いろいろなうれしさがこみ上げてくるもんです。
ありがとうございました!

印というもの不思議なもので、なんだか気になる方が多い気がします。

5千年も前から存在しているものですし、何かあるのはよくわかります。

今では、印を日常や契約などで使う国は日本の他に台湾でというのを耳にしたことがあるくらいです。韓国ではサインになってしまったんではないかなぁ。

すごい!日本で残される印文化!

さて今後はどうなるのかわかりませんが、サイン文化では偽造が多発しているようですし、実用の印が無くなりましても印は今後も無くなる事はないとおもいます。

最近、象牙の印材があるから印を彫って欲しい、又は彫りなおして欲しいという方がおられます。彫れない事はないんですが余程でなければお受けしないことにしました。
なんか違った感じがしますので。

あと多いのは開運のはんこですか?というご質問。
これまたなんか違った感じがしますので、お断りしております。

私が大切にしていますのは、印をつくろうとしている方の気持ち。
その思いを含めた印材と印のデザインです。

それがピタリと合わさることを心がけ印づくりをしています。

フォローもしっかりとしていきますので、なんなりと。


明日からは自室にて、締め切り間近の印から彫りかかるとしましょう!


お客様カナダから

スゴイスゴイウツクシイ!

外国の方は表現豊かで、こちらが恥ずかしくなるほどで...。

出来上がりのハンコも我ながら上出来で...。

ハヤイハヤイモウデキタ?

とくべつですよ!

トウキョウニオオキイオミセアル?

ノーショップ。スモールハウスオンリーです。


1時間くらい楽しんでいってくれたな~。

シーユーアゲイン!


あしたも楽しみじゃ。


朝、車に降り積もった雪をのけ本日はスタートしました。

昨日削った材料6本を午前中は磨き、午後はどんぐりさんで開催中の素材たち展(2月19日土曜日までやっています。)をのぞきまして、いざ柏へ準備にいきました。

準備は順調に進んだかと思いきや、明日へ持ち越し準備となりました。

明日はゆっくり準備をしながらお客様を待つとします。

それでは1週間よろしくおねがいします。


高島屋玉川店でお会いしたみなさま、ありがとうございました。

ご注文いただきました印は3月上旬お届け予定で制作に入ります。

今回は、役目を終えた印はどうすれば良いのか?という質問が何件かございました。

調べてみましたら、印鑑、表札の供養を神社で行っているところがありました。

大切に使われていた印をゴミ箱に投げたりは、なかなかできませんもんね。

私自身の考えですと、上記のような供養もひとつ。

また、印はその使った方の身代わりでもあるので、肩身として大切に保管して代々に残していくのもいいと思いますし、お守りにしても良いのではないかとおもいます。

私なんかは印を手づくり手彫りで、その方に合ったものをと考えていますからなおさらなのかもしれません。

印をおつくりするときは、ほとんどがその方の節目にあたる大切なとき。

印をえらぶときは慎重にですよ!

とアドバイスをして、なかなか注文をいただけずじまいの玉川でした?

そんななかでもご注文していただいたお客様に感謝です。

ピタリと気持ちのよいハンコづくりをこころがけていきます。

131の日~節分へ

昨日は、何の日だったかご存知ですか?

私は花屋さんの前で知ったのですが、1月31日は愛妻の日。

普段はあたりまえな妻の存在。

いやまてよ?
実は一番重要なときにピンチを救ってくれるすごい人!

最近、久しぶりに叔父と合ったのですが、奥さんの言うことは8~9割は正しいと思ったほうがよいね~とテレながら言っていました。

妻にはなかなか照れくさくて普段の感謝を言葉にしていえないのが男ごころ?

こんな日を利用して向き合うのもなんですが、昨日は感謝を伝えながら、すき焼きをつつきました。


歳の変わり目の節分も間近。

厄除けセット(豆殻、ひいらぎ、いわし、鬼の面)なるものを購入し、節分の準備も。
豆殻の音、ひいらぎのトゲ、いわしのニオイが厄除けになるそうです。


本日より2月のスタート。


今月はどんな月になりますかな?