ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2010年8月アーカイブ

暑さもピークを向かえ、残りの暑さはあと何日かと思いながら
毎日の暑さを感じています。

本日は、明日からの展示会のための準備をコツコツと行っています。

限られた時間とスペースと資源を使い、私なりの創意、工夫をしながらの製作。
もどかしく感じながらアレコレと思いをめぐらし、手を動かし。

遊印の注文製作ももう少しで一段落。

明日からの詳しい予定は、スケジュールページをご覧くださいませ。

1週間どうぞよろしくおねがいします。


行きつ戻りつ秋支度

予定どうりに行かぬが当たり前。

意外とね、行き当たりばったりがうまくいったりと。

とうもろこしは、茎の一番上の花が風にゆられて花粉を飛ばし、あの髪の毛のような毛にその花粉がついて、その毛いっぽんいっぽんが、実ひとつぶひとつぶにつながっていて、それがうまくいくとあの黄色く甘い実がたわわになるのだそうです。(説明わかりにくいかな?)

いいたいことは、自然の力、風まかせ。
で実が実る!
すごいよな~。


さて、支度といっても大げさなことはないのですが、
夏の仕事に区切りをつけて、秋の仕事に気持ちよく取り掛かろうと。

おかげさまで秋9月第一弾のDMが届き、それと同時に10月の個展のDMも原稿完成と、友人、知人、いつものように周りの方のご協力で、秋の支度は速やかにすすんでおります。

注文印に追われながらも、毎日少しずつ仕上がり発送と月末に向けてもうひとがんばりです。

予定どうりに事が運ばぬとあせりが出て、置きっぱなし、やりっぱなし、し忘れあれこれ。

本日は満月を拝んでから、ちょいと一服。
仕事の時間帯を考えたり、運び具合を確認したり。

そしてまた印に向かいます。


自然の力にプラス意思の力で軌道修正じゃ!


まだまだ暑さは続きそうですね。

寝苦しく、夜中にクーラーをもう一度つけては、就寝しています。

横浜開催も無事に終了しました。
こちらでも、心待ちにしてくれたかたがあり、うれしいかぎりでした。

気の通ずる方とも楽しい会話で盛り上がり、楽しいひと時を過ごせました。

そしてそれ以外は、彫り台に向かって、
虫のようにハンコの中に入って木を削っていました。

ほんとうに虫のような気持ちになります。

夏から秋にかけてしばらく出展と注文印製作、準備に追われます。

本日も午後から製作開始!


作る人は作り続けて作る人。

なんとかここまで夏ばてせずにきました。
ブログ更新は夏ばてぎみですが...。

準備、出展、遊印彫りと繰り返し、とある日には同時におこなったりと、
毎日、明け暮れております。

今週は高島屋横浜店さん7階和食器売り場エスカレーターの近くにおります。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

暑さも本番を迎え、毎日ホント暑いですね。

今回初めての場所でも初日から、どこからか聞きつけた方のご来店スタートで、はずみがつきました。

ここでも出会う方との会話から、いろいろなものをいただき課題として励みとして、次にまたいかしていきたいと思う毎日でした。

毎回の開催は、ほとんどが1週間で終わってしまうのですが、こちらとしましては毎日のつながりの中の切り取られた1週間です。

日々のことがそのまま現場にも現れます。

あまりストイックになりすぎても他に支障が出るので注意しなければいけませんが、
いつもやっていることが自然に現場に反映され自然に受け入れていただけるようになればとおもっています。

日々少しずつ修正しながら、また次に。