ひぐら誌[遊印放浪記]/望月信幸のパーソナルブログ

2010年3月アーカイブ

3月、4月は、実印や銀行印の注文にやや傾くようです。

石材は落とすと欠けやすいので避けていますが、木印はオッケイ!
0.8センチから2.5センチまでは登録できるようです。
お役所さんによって規定がやや違うので、特殊なものをと考えている方は、御相談くださいね。

今取り扱いがあるのは、りんごの木の他に、つげの木と黒檀があります。
気になる方は会場、またはメールにて御相談ください。

4月からは少しづつ、画像やスケジュールも面倒くさがらず入れていきたいなと思っています。
もう少し分かりやすくしないとね。


6時起床。
外は晴天、空気は冷たし。

ちょっと新しい試みと朝のウォーミングアップも兼ねて、おとといからアメブロをはじめました。

おかげさまで瑞風の元気が出るかれんだぁも、少しずつ浸透しているようで昨日は歯医者さんで見かけ、とても嬉しい気持ちになりました。

言葉とハンコの作品がそこにあるのですが、毎日のように言葉の力に自分自身が元気をもらい励まされていることもありまして、月刊ではなく日刊にしてみたらどうだろう?かと。

日めくりかれんだぁをブログにて。
是非ともごらんくださいませ~。

http://ameblo.jp/hanko-mochi

毎日がいつも以上にドタバタで、朝予定を書き出しては、よーいドン!

卒園、入園、入学とあり、それに付随するもろもろの事。
狭い部屋をどう快適にするかの工夫。
家族それぞれの意見を聞きながらね。

さあもう少し、新しい生活のリズムが刻まれるまで。

さて、すでに明日の予定もいっぱいだ。

10年前の自分と逢う

つくば西武さんでのイベント開催も無事に終了しました。

今回は地元新聞に広告掲載があり、それを見て来ていただいた方もございました。

その中に、私が、10年前に彫った印を入れて送った封筒をご持参いただいた方がありました。
つたない宛名書きがそこにありました。

感慨深い不思議な時間が流れました。

宛名書きの封筒。
実はこれも私の作品の一部。
気持ち新たに、また書く事ができそうです。

本日は、イベント中できなかった仕事をすませ、家のこともやったりと。

明日は、朝一で書を書きたいなあと今、思っているんです。
さて、どんなメッセージが出てきますかな?
楽しみ楽しみ。

それを指針にまたじっくり行くとしましょう。

注文印もお楽しみに!


遊印inつくば

そろそろ旅の準備です。

今週は、はじめての場所、茨城県つくば市にいきます。
お近くの方は遊びにいらしてくださいませ。

詳細は以下のとおりです。

場所 西武百貨店 筑波店 5階インテリア特設会場
日程 3月17日(水)~23日(火) 7日間
時間 10時より19時ごろまで 最終日は17時ごろまでです。

今日、明日と準備製作もうひとがんばり!

毎度のことながら、この追い込みで緊張感が増してきます。


気持ちのいい晴れ、風はまだ冷たく。

昨日、京都より来年度のカレンダーの初刷りが届きました。
早!

これで、かれこれ6作目。

毎年、どんな出来上がりかどきどきしながら開けるのですが、最初はまともにみられません。
仕切りなおしてもう一度ゆっくり鑑賞。自画自賛。

つくるときは一気につくる(何度も書きません)ので、もうその時のこと忘れています。

さて来年は誰の元へ。

かれんだーに励まされる、元気が出ると言われるたびに、
オイラも励まされ、勇気ずけられてます!となんだかおかしなコメントが。

ちなみに今年の今3月は「まちがいじゃないよ」。
桃からうまれた鬼が笑っています。

まちがってない。

そして今日も自信をもって一歩すすむ。

7時に起きた。

ようし!と机に向うが、低血圧気味なのか全くその気にならず、
10分後、2度寝に床に就く。

その1時間後、お客様からモーニングコール。

もう一度その気になって今週もスタート!
木を削りましょう。

昼食は、チョコパンとそーめん。
意外な出会いにびっくり!

午後は篆刻のデザイン。

毎年、出展締め切り3ヶ月まえぐらいからやる気が出てくるようで。
それまでは、ま、いっかーとほってあるんですが。

はじめた10分後、午後の睡魔。
2時じゃあねーしょうがない。

で、場所を変えもう一度スタート!

首が痛くなったのでストップ。

午後4時30分。
保育園のお迎えの時間。

さて今日の夕飯は、なんだろな?

春の予定と注文の方法

只今、自宅研究製作中。

毎度お問い合わせありがとうございます。

3月は茨城、4月は千葉での開催を予定しております。
詳細含め、ひぐら誌にて発表しますので今しばらくお待ちくださいませ。

注文にマニュアルがないので、皆様に分かりにくいようです。
ちなみに、一般的な注文方法ご紹介します。

①木の大きさ形を決める。
②入れたい文字や絵をご相談いただく。
③何に使うのか、どんな方がお使いになるのか明確であればお伝えいただく。


大きさ、内容、ご用途含めその都度ご相談になります。
①、②、③が決まれば、そこからまた少し内容を詰めまして、お見積もりし製作になります。


お気軽にご連絡ください。


来週中には拍でいただきました御注文もお届けできそうです。


さあもう少し。


午前の仕事もほどほどに、お兄ちゃんの保育参観へ。

最期に一言おねがいしますといわれ、しどろもどろで最期に出た言葉は、
「両親ともに自由にやっていますので、子どもも自由にやってくれたらそれでいいです。」

我が家の家訓の1つに
「自分の好きなこと自分のやりたいことをやり家族が理解し協力する」というのがあります。
(私が勝手に思っている?のかも。)

みなそれぞれ好きなことをするわけですから、バラバラになりそうですが、そうならないように、
よくコミュニケーションをとっています。

そのためのもう1つのルール
「家族第一」

そうやってなんとかかんとかやっているんです。

そうするとどれもこれもほどほどに。

好きな仕事はついつい無理してやってしまう。
そこが今の課題かな?

コツコツやるのがすきなんだよなぁ。


夜、朝、昼、そば

わが家の状況により、家事をやることも多々あるのですが、
昨日は、私、夕飯担当で乾麺のそばをゆでることにしました。

150㌘の束が3つ入っており、さあ何束いれましょう?
めんどくせーからエイ3束!と入れたまではよかったのですが、
なべからとたんにあふれ出し、ゆで上がりをざるに入れてあふれ出し、
なんだこりゃ10人前ほどできちゃった!

今日の昼までそば三昧!
好きだからよかったんだけどね。

昨日今日は、じっくりこもり、木をいじったり字をかいたり彫ったりと。
明日はまた注文印に戻るとします。


桃の月すたーと

1月~2月中旬ごろに御注文いただきました遊印は、
私の手の中で変化をとげ、本日、春の風にのせ皆様のもとへ。

どうか気に入って生涯のおともとなりますように。

遊印は年々多岐にわたり、こちらの準備もままならず、
御要望をお聞きしては新し内容に取り組む日々です。

材料としましては木材か石材が主です。

木材は向き不向きはありますが、りんごの木の他、ツゲ、黒檀、紫檀、樺、メープル、栃、黒柿、屋久杉、ほか様々な木を彫っては試しています。竹根もいいですよ。

印に向いていますのは、堅くてきめが細かく粘りがある。そんな性質の木がよいようです。

耐久性があるので、末永くお使いいただけるのと、髪の毛1本くらいの線が残せますので、小さい面ながら表現の幅がひろがります。目はどっぷり疲れますけど。

大胆な彫りでよし!なら木は幅広く使えそうです。
かぼちゃのへたなんかで彫った昔のはんこもありましたし。

石材もこれまた幅広く、よく使いますのはモンゴルの巴林地区で取れますパリン石。

石色の幅が広くおもしろいです。

彫り味は、しっとりしたものもあれば、硬質で欠けが入りやすいものもあります。

少しずつ放浪先やひぐら誌にて紹介していきますね。


みなさまのご意見、ご要望、苦言、迷言、いつでもお待ちしております。